漢方ジョシのSWEETS生活♪

2014年10月26日 (日)

美味絶賛☆

アトピっ子だって、食べたいの bleah 
 
 
わたしの大好きなもの。
 
あま~いお菓子 (≧∇≦) heart
 
洋菓子、大好き。
和菓子も大好き。ケーキもクッキーも餡子も干菓子も大好きです。
 
 
そして、わたしは顔面アトピーです。
 
今は治っているけど、いつまた再発するかわからない。
だから毎日の食事にはとても気を使います。
痒みを増幅させる食材やアトピーを再発させそうな食材は、日頃から極力避けています。
 
なのに、、、
 
店頭で患者さんに「甘いものはいけませんよ。」などと言っている自分自身が、
この甘い誘惑に勝つことが、実はとても難しいのです
 
 
 
そんなある日、つい先日のこと。
わたしの無類の甘いもの好きをご存知のS夫人が、ケーキをプレゼントして下さいました。
ウキウキしながら箱を開けると、
そこにはなんとも美しいマロンケーキがふたつ、ちょこんと鎮座しております。
これは間違いなく美味に違いない!
わたしの甘いものセンサーが瞬時に作動を開始。
 
The モンブラン。
 
ペーストされた栗の色艶が、本物感を存分に醸し出し、
ひとくち頬張れば、濃厚な栗の風味が口いっぱいに広がって嗅覚をかすめ、
ふた口目には、、、ん?
中のクリームの繊細な甘さに、また感激~。
三口目に到達した底のビスキュイ(?)のさくっとした歯触りとまた技ありの甘さに、もう脱帽 happy02 cake
おいしーーい☆
 
 
そう、わたしはとってもとっても甘いものが好き。
おいしいケーキと聞けば何としても食べたくなってしまうわたしは、めぼしいモンブランはしっかり制覇済みと思われましたが、
このケーキの美味しさはまた格別です。
タイプとしてはA○○○ー○のモンブラン系ですが、頂を飾っていたビターチョコの舌触りがうれしいくらいになめらかで、丁寧に煮詰められた和栗のおいしいこと♪
ケーキ全体の甘みのハーモニーも素晴らしく、まさに絶品のモンブラン。
こうしてわたしの脳は、ひととき快楽物質に満たされたのでした。
 
 
どこにそんなケーキが売ってるの?と思われた皆さま、
 
実はこれ、ケーキ屋さんのケーキではないの。
由緒正しいお寿司屋さんの若女将(パティシエ)によるこの秋、限定100個のみの作品だったんです。S社長ご夫妻に誘われてこちらの暖簾をくぐるときはいつも、若女将お手製のクッキーが置いてあるんですよ。
お寿司で満足したお腹を抱えながらも、入口付近に並べられているかわいらしいクッキー達を眺めていると、、、
ふたつ、みっつとついついクッキーの包みに手が伸びてしまいます。
甘い別腹、恐るべし (*´v`*)ゞ
 
 
気になるそのお寿司屋さんの名前は、
 
言ってもいいかしら?
だめかしら?
じゃあ、ヒントだけ。
静岡市葵区のY町の 寿しT さんです。
定期的に寄席のイベントなんかもやってらっしゃるそうで、
落語が嫌いじゃなかったりするわたしはこのイベントに興味津々なのですが、時間的にムリなのがとっても残念。
Y町はわたしがS病院勤務当時から大・大・崇拝している先輩がお住まいの土地でもあり、足を踏み入れるとちょっぴりドキドキしてしまう何気に特別な場所でもあります。
 
 
S社長、S夫人、こんなに美味しいモンブランをありがとうございました♪
願わくば、若女将がこの美味しい感動をまた再現して下さいますように☆
ごちそうさまでした confident heart 
 
 
 
アトピー性皮膚炎の再発の原因は複合的です。
 
夏の暑さや秋の乾燥などの気候変化や住まいや職場などの環境要因、過労や過食、睡眠不足などによる身体的要因、苛立ちや怒り、我慢などの精神的要因などなど、
そうしてダメージを受けた体に花粉やダニや食物などのアレルゲンが侵入したときが再発のとどめ。
 
だからアトピっ子のお肌の管理は、日頃の養生がとても大切。
 
顔面アトピーに悩んだ漢方薬剤師のわたしだからこその実感、
 ~ ~ ~ アトピー性皮膚炎はコントロールできます。
 
治癒への扉のカギは、アトピーに向き合うあなた自身の覚悟です。
ご縁がありましたら、わたしがご案内いたしましょう chick
 
 

|