« 産後の尿漏れ☆大人のおねしょ? | トップページ | 本日の駐車場の状況は・・・ »

2012年11月19日 (月)

飲む美容液!?

そんな甘い言葉に揺れる?お年頃 moon1

 

Photo_2

お肌がしぼむ。

カサカサ乾燥肌と小ジワ、それにほうれい線

鏡をのぞくと、忘れていたい姿も映し出されて、、Σ( ̄ロ ̄lll)☆

 

あなたはそんな経験がありますか?

わたしはあります coldsweats01

 

そんなわたしが頼りにしている漢方薬はいくつかありますが、

秋が深まってきたら、

瓊玉膏(けいぎょくこう)の出番です shine

初めて飲んだときは、

その黒い色とざらっとした舌触りにびっくりしましたが、慣れてくるとこれがまた甘くて癖になる味なんですね。

飲み始めて三日目の朝、

何気なくほっぺたを触ったら、、、

いつもと違う!ちょっと、しっとりしてる♪

指にお肌がもちもちっと吸いついてくる、懐かしいあの感触☆

噂には聞いていたけどこんなに早く効果が現れるものなのかなぁ、なんて思ったのが二年前の冬のことでした。

飲み始めは、美肌目的ではありませんでした。

補脾、補腎陰などの中医学理論にのっとって、半ば人体実験的に、顔面アトピーの自分の体で効果を実感したくて飲み始めたんですね。

顔面アトピーに悪さはしませんでした。

もちろん、アトピーの症状を観察しながら瓊玉膏(けいぎょくこう)を飲むタイミングを注意深くみはからっての結果です。 その頃、わたしのアトピーは真っ赤な炎症が鎮まり肌の乾燥感が気になる状態で、食いしん坊のわたしにしては珍しくちっとも食事がおいしく感じられない頃でした。

【陰虚】、【脾気虚】

瓊玉膏でアトピー性皮膚炎が治ったかと問われればそれは議論が必要なところですけれど、それ以降、皮膚症状は安定し大きく崩れることなく今に至ります。

最近は、

お店に来てくださる皮膚病のお客さまに、「わたしも顔面がアトピーなんですよ」と言うとびっくりされます。

食養生もついに解禁!

部分的にちょっと赤くなって痒い部分もあるけど、ニキビ大だから許容範囲です。

ちょっと冒険して、大好きなモンブランやチョコも食べちゃってます。

♪(o ̄∇ ̄)/ cake

(でも食べすぎはだめね。お酒も我慢。)

 

pencil どうして秋からいいの?

潤い sweat02

夏の間、

暑さで汗をかき続けた体は、秋になって空気が乾燥する頃に乾きを訴えます。

乾燥に敏感な臓器は、肺、大腸、皮膚。

秋になると咽が渇いて空咳が出やすい人は、お肌もカサカサしやすいの。

そんな時には、肺や皮膚を潤してくれる漢方薬がお役立ちです。

瓊玉膏はやさしくあなたの体を潤してくれます。

顕著な咳や赤くただれたアトピー性皮膚炎、ひどい下痢などがある場合には、お飲みになる前に必ず漢方の専門家にご相談下さい。

 

弾力 apple

お肌の弾力は表皮の下にある真皮がもたらします。

真皮層はコラーゲンやエラスチン繊維で構成され、ヒアルロン酸やコラーゲンなど潤い成分をたっぷり含んでお肌のみずみずしさやハリを保つ役割があります。

また、顔の豊かな表情は表情筋の働きによって作られますが、

この表情筋は真皮層のコラーゲンやエラスチンによって支えられています。表情筋の衰えは、肌のたるみやほうれい線といった見た目の老化現象をもたらします。

中医学理論では、

筋肉の若々しさは【脾】の働きによってもたらされると考えます。

※ 漢方医学の【脾】は、西洋医学の脾臓と同じではありません。

【脾】の力を保つことで、筋肉を衰えから守り、さらにほうれい線の刻印からわたし達のほっぺを守れる可能性がある訳ですね。

飲むコラーゲンやヒアルロン酸は、【脾】の力が充実したときに始めてお肌への効果を発揮します。

【脾】を元気づける生薬の代表は人参(にんじん)です。

瓊玉膏は、人参と細胞を潤すことが出来る生薬とが絶妙に配合された漢方薬なんです。

 

snow

冬は【腎】を守ることが大切です。

東洋医学では、命を営む生命力は【腎】に宿るとされています。

※ 【腎】は、西洋医学の腎臓にとどまらず、幾多の要素の象徴としてとらえられます。

春に目覚め、夏に成長し、秋に実った命の果実は、

冬の間、体の深いところに大切にしまわれています。そこが腎。

腎を守るには、いろいろな養生法がありますが、、、

瓊玉膏は、腎を養う力を備えます。

それが古来、この薬が不老長寿の高貴薬とうたわれてきた所以です。

 

その昔は、皇帝一族しか飲むことが許されなかったという逸話のある瓊玉膏。

わたしが飲まずにおきましょうか confident heart

 

秋から冬にかけて、わたしの大好きな漢方薬です。

 

先日、お店での出来事。

来店されたお客さまが開口一番に言いました。

「この間のあの薬、福山雅治も飲んでるんですか?」

「ネットでケイギョクコウって入力したら、福山の名前が出てきてびっくりしたんです。」

えーーーっ!

と、誰よりも黄色い声を発したのはわたし coldsweats01

今年の春ごろ、ラジオで言ってたんですって。

あの深みのある声で「風邪をひきそうなときに飲むといいんですよー。」なんて言ったんでしょうか。

この瓊玉膏を福山くんも飲んでいたなんて、感激です♪

わたしがラジオを聴いたときには、竜馬伝の頃

「最近、筋肉が育ってきたんですよ。」なんて福山くんが言っていました。

TVでは、ちょうど竜馬が剣術の稽古の合間に中庭の井戸端で水浴びをしているシーンが放映された頃です。  (ノ∀`)・゚・。

福山くんが撮影の激務を瓊玉膏で乗り切っていたと思うと、

ちょっぴりうれしいです confident heart

 

漢方薬は、

誰かに効いたからといって、誰にでも同じ効果をもたらす訳ではありません。薬の必要性は、体質により、年齢により、季節により異なります。

お飲みになる前には、一度、漢方の専門家にお尋ねの上ご購入されることをおすすめ致します。

 藤枝 焼津 島田 静岡 御前崎 牧之原 開豊 瓊玉膏

|

« 産後の尿漏れ☆大人のおねしょ? | トップページ | 本日の駐車場の状況は・・・ »

アトピー肌の美容対策」カテゴリの記事

女性の漢方」カテゴリの記事

My FAVORITE 漢方 ~わたしのお気に入り」カテゴリの記事