« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月14日 (日)

妊娠準備、成績と心の準備

ブーム到来

 

告白すると、多分、わたしはずぼらです。

しかも忘れっぽい。

だから、相談中に患者さんにお話いただいた内容はその場でメモを取らないと、

数分歩いている間に忘れ去ってしまう位に困った脳の持ち主です。

(今さらになって、よく薬学部の勉強を達成できたなぁ、と自分を褒めてあげたくなることもあります (´∀`)σ )

日常業務に忙殺されていると、

その日の出来事も翌日にはケロッと忘れていることがしばしばあるのですが、、、

 

そんな、些細な記憶を手繰り寄せる作業に手間取る毎日のなかで、今日はうれしい発見がありました。

 

なんと、赤堀薬局では

今、猛烈に妊娠ブームが来ています

 

患者さんのカルテを整理していたら、

「あら、この方は先日妊娠のご報告を受けたわ。」

あら、この方も!あら、あらっ♪という感じ。

中には漢方薬を一周期(約28日間)お飲みいただいてのご報告も数件ありました。

これはもう、なんと申しますか、もともと持っていた妊娠力にちょっぴり背中をつついてあげた位のことなのでしょう。

 

最近、わたしが思うこと。

妊娠準備に取り組む女性と、

漢方家は、

スポーツ選手とコーチみたいな関係です。

 

わたし達は自分が知り得る範囲で最善のアドバイスを提示します。

漢方薬の飲み方から季節や生理周期に合わせた生活養生に至るまで、話が夫婦生活に踏み込んでいくこともあります。

なるべく患者さんにわかりやすく、納得できる形の話になるように努力します。

時には、耳に痛いことを申し上げることがあるかもしれません。

実践していただけるかどうかは患者さんの思いに懸けるのみ。

 

けれど、

漢方薬を飲んだからといって、わたし達の思惑通りに事が運ぶわけではありません。

 

命は、神秘です。

神さまは気まぐれで、

赤ちゃんはご機嫌をそこねやすい存在です。

 

 Photo_5   

赤ちゃんを授かった人は幸せです。

そう、赤ちゃんは小さくても “ひとりの人(ヒト)”。

母となり父となるご夫婦は、

そのよろこびと共に、赤ちゃんを “人(ヒト)” として立派に育て上げる宿題をいただいたのです。

 

Photo_10

赤ちゃんを授からない人は、、、

長い長いトンネルから抜け出せないような、

敗北感のような、挫折感のような、そんな寂しさを感じるかもしれません。

「いつまで、こうして治療を繰り返すんだろう。」と途方に暮れることもあるでしょう。

わたしはその問いにお答えすることはできません。

何故なら、当薬局の統計から見ても、

40歳代半ばで妊娠・出産に至るご夫婦もありますし、十数年間の不妊治療の末に40歳になって赤ちゃんにめぐり合えたご夫婦がいる一方、

不妊治療に費やした時間と労力が無慈悲に終わりを告げるケースもあるからです。

何がどう違ってそうした結果を迎えるのか、

それは、きっと誰にもわかりません。

 

もしかしたら、神さまは

そんなご夫婦には、別の宿題を出しているのかもしれません。

 

だから、、、

わたしも皆さんに宿題を出しましょう。

赤ちゃんがほしい女性は、笑いましょう

何にでも真剣に取り組むがんばり屋さんなら、

ちょっぴりのんびりして、ほんの少しずぼらになってみるのもよいかもしれませんよ。

 

だって、赤ちゃんは

Photo_7

そんなゆったりしたお母さんのお腹の中が、

とっても居心地いいはずだから

 

 

妊娠準備のご相談は、

お時間にゆとりを持ってご来店いただけますと幸いです。念入りにお話をさせていただく中で、妊娠に至らない原因を注意深く探っていきます。

皆さまにしあわせな喜びが訪れますように。

 

|

2012年10月 9日 (火)

お肌に潤いが必要なように、

咳? ~ のどにも潤いが必要です

 

爽やかな秋。

散歩をしていても暑くなることもなく、汗をかいてもさらっと乾いて気分爽快。

なのに、このさらっとした気候に悩まされる人がいます。

 

なんだか、咳がとまらない。

秋から冬にかけての急激な湿度の低下は、気道(のど~気管~肺)を乾燥させ、のどに違和感や掻痒感を引き起こすこともあります。

本来、咳は気道にある異物を排出させて病気から体を守ろうとする防御反応です。

ところが困ったことに、この季節は気道粘膜が乾燥することで痰の排出がスムーズにいかない状態となりやすく、咳が続いてしまう人が現れます。

コンコンという 『乾いた咳(空咳)』、

痰は少ないけれど出しづらい、お肌の乾燥感、舌べらが紅い・割れ目があるなどがあれば、、、

 

のどを潤してあげましょう

 

のどの乾燥は、お肌の乾燥と同じです。

お肌の乾燥なら保湿クリームを塗ったり、化粧水や乳液があるのに、唇にはリップクリームがあるのに、

のどにもクリームを塗りたいな、なんて思ったあなたへ、

ありますよー

東洋医学には、乾いた気道粘膜に潤いを呼び戻すことのできる漢方薬があります。

潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)

乾いたのどを潤しながら、炎症に対応する力を持つ優れものです。

ビンを開けて黒褐色の液体を計量カップに注ぎいれ、、、

Photo_3飲もうとした途端に、爽やか~な香りが鼻をかすめるの。

 

そう、ミントの香り。 ミント味。

飲んでみると、

甘くて、のどがスゥーっとして、、、

おいしくって、おかわりを飲みたくなっちゃうわ 

 

風邪はひきたくないけど、この咳の薬は飲みたくなっちゃう♪~わたしのお気に入りの漢方薬です。

 

この秋、のどが乾いて咳が続いているあなたに。

「乾いた空気を吸い込むと咳き込んでしまう。」というランナーにもおすすめです。

漢方薬でのどをしっかり潤すと、

お肌まで潤ってくるから、あら不思議

時には大腸までも潤って、便秘が治ってしまうこともあるんですよ。

その秘密のすべては、漢方理論の中に認められています。

今年の秋は、あなたもそんな東洋の知恵を実践してみませんか

 

 

 のどを乾燥の咳から守る漢方薬は他にも沢山ございます。 また、咳の原因が気道の乾燥でないこともあります。 漢方薬は体質や症状に合わせてお飲みいただくことが大切です。 

ご購入の際は、漢方の専門家にご相談されることをお勧め致します。

 

藤枝 焼津 島田 静岡 漢方 空咳

|

今、だから

誰かのこころに届けたい

 

東洋医学(漢方)は遠い昔、支那(現在の中国)から日本に伝えられました。

漢字も、お経も、文学も、哲学も、建築も。

だからなのか、わたしは悠久の支那文化に憧れにも似た想いを覚えるのですが、、、

 

最近の日中韓の摩擦は、少々悲しく思います。

 

そんな今だから、

Photo_2  

 

わたしにできる日中友好があればいいのですけれど。

(ララ通信・DM版9月号の切手です → )

 

どこの国にも正義感あふれる人がいて、

どこの国にも優しい人がいて、

だけど、主義主張によってはそうした人同士の間でも争いが避けられない場合があって、

だから戦争が起きてしまうんだろうけど。

 

人類がこの地球上に新たな世界を築いていくために、

私達は与えられたこの知恵を、

今、多くの人々が幸せになるために使えるようにならなければいけない時代が到来しているのではないでしょうか。

 

 

戦争はいけません。

兵器を使った争いをするには、

人類はあまりに危険な道具を得てしまったのですから。

争いは悲しみを生み出すばかりです。

 

誰かを幸せにできる人こそが、

きっと、本当の勝者になれるんだと、わたしは信じたいのです。

 

 

従軍慰安婦につきまして、

誤解と思い込みが事実を捻じ曲げている経緯もあるのかもしれませんが・・・

その事実があったのだとしたら、

わたしは同じ女性として、深い悲しみと憤りを覚えます。

「謝って欲しい。」と訴える隣国民の気持ちも理解できるような気もします。

いじめた側は当の昔に忘れてしまうけど、いじめられた側はいつまでも忘れられないのと同じことなのでしょう。 大事件の被害者が、何度謝られても心を癒せないのと同じことなのかもしれません。

もしも自分が、自分の娘が、姪が、母が、叔母が、友達が、

そうした境遇にあったらと思うにつけ、気が遠くなるほど複雑な思いに駆られます。

 

事の専門家にお願いします。

事実関係を、一般人にもわかるように明らかにして下さい。

 

政治家の方々にお願いします。

言葉尻で煙に巻くような、言い逃れに聞こえるような物言いをしないで下さい。

過去の過ちを認めることは、

恥でも、負けでも、ないはずです。

補償問題について日本国内では政治的に解決済み云々の説明は、そうした反省の後に示してもよいのではないでしょうか。

 

韓国の方々にお願いします。

過去に、日本の善意ある人々の働きかけで設立されたアジア女性基金を通じて当該女性に贈呈されようとした謝罪文とお詫びのお金がありました。 中には涙を流して喜んだ女性もいたと聞いています。

なのに、その時、

彼女達に向けて「非国民」と呼んで、その謝罪の手紙さえも受け取りを拒否させるようなことをした誰かがいたことを知ってください。

 

知ることは、

きっと、次の一歩につながるとわたしは思う。

 

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »