« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月24日 (火)

夏のドロドロ♭

あなたの血液ドロドロ、どのタイプ?  ~ 夏の脳梗塞 !? ~

 

今年の夏は、節電の影響でいつもの年より暑さがつらい季節になりそうですね。

汗をたくさんかく夏は、カラダを流れる血液にも変化をもたらします

 

最近は「汗をたくさんかくと血液は濃くなってドロドロしてくる」ということを、お医者さまの口から説明されることもありますね。

けれど、

「ドロドロ血液には、体質によってそれぞれタイプがある」ってご存知でしたか?

【瘀血 オケツ】

 

あなたはどのタイプ?

 

◆ 元気不足タイプ Photo_4

 疲れやすい

 食が細い

 胃腸が弱くて、胃下垂っぽい

 動悸や息切れがする

 風邪をひきやすい

 

血液をめぐらせるための「気」のパワーが不足しているために、血液の流れが悪くなっています。

【気虚血瘀】

 

◆ 血液不足タイプ

Photo_3

 顔色がわるくて、唇や爪の色がうすい

 めまいや動悸がある

 肌荒れや髪のパサつきがある

 貧血気味で疲れやすい

 生理が遅れやすい、または量が少ない

 

細胞を養う「血」が不足しているために血液の流れも悪くなって、血色が悪く、肌や髪のツヤもなくなり、爪ももろくなっています。

【血虚瘀血】

 

◆ 寒がりタイプPhoto_7

 寒がりで手足が冷える

 トイレに行く回数が多い

 胃腸が弱く、下痢をしやすい

 顔色が白い

 下半身が冷えて、むくみやすい

 

体が冷えているために血をめぐらす代謝機能が低下し、血液の循環が悪くなっています。

【陽虚血瘀】

 

◆ お肌がカサカサ乾燥タイプ

Photo_8

 口やのどが渇きやすい

 のぼせやすく、手足がほてる

 肌や髪が乾燥しやすい

 水を飲みたがる

 暑がりで冷房好き

 

細胞をうるおす力が低下しているために体がかわき、血液もドロドロになって、血液の流れが悪くなっています。

【陰虚血瘀】

 

◆ イライラしやすいタイプPhoto_9

 イライラしやすい

 生理不順の傾向がある

 我慢することが多い

 胸やわき腹が張ったり、痛むことがある

 お腹がはって、おならが多い

 

ストレス過多が一因となって「気」のめぐりが滞り、血液が流れようとする力を低下させています。

【気滞血瘀】

 

◆ 体がどよっと重いタイプ

Photo_10

 頭が重い

 胸がつかえる

 吐き気がしやすい

 口の中が粘る、舌に苔がべったりついている

 体が重くて、だるい

 

体に溜まった余分な水分が変化してできるドロドロした病理物質が、血液の流れを阻害しています。

【痰湿瘀血】

 

 

夏のドロドロ血液は、そうした体質別のケアをすることが何より大切です。

 

疲れやすい夏バテさんの血液サラサラは・・・

暑さで消耗してしまった「気」のパワーを補うことで、疲れを解消しながら血流状態を改善しましょう。

 

普段から貧血がちの人の血液サラサラは・・・

鉄分だけでなく、体を流れる血液そのものの量(絶対量)を増やすことが大切です。 そうすることで血管内の流れを改善すると同時に、あなたのカラダに備わる本来の美しさを呼び覚ますことが可能となります。

 

寒がりさんの血液サラサラは・・・

冷えの原因が体のどこにあるのかを入念にチェックし、その部位を温めながら解決すると、驚くことに生理痛まで改善することが多々あります

 

カサカサさんの血液サラサラは・・・

水分を補うだけでなく、「体(細胞)を潤す力」を呼び戻すことが大切です。 目標は赤ちゃんのお肌☆ うるおいパワーで体のほてりをクールダウンさせながら、血液の流れを改善しましょう。

 

怒りんぼさん&我慢屋さんの血液サラサラは・・・

イライラは血液サラサラの大敵です。イライラしない体に整えることは、血液サラサラへの大きな大きな第一歩です。 年齢肌のウィークポイント、肝斑もここからアプローチをすると・・・Good

 

どよっと重量級の血液サラサラは・・・

体に溜まったヘドロ様の病理物質を取り除くと、あら、びっくり♪ 体がかるくなって、血液もサラサラ流れ出します。

 

血液ドロドロの対処法は、

その人の体質や食生活などの生活習慣によって、大きく変わってきます。

お医者さまに話してもなかなか通じなかった体の心配事は、一度、中医学理論でアプローチしてみるのもよいかもしれませんね。

今年の夏は、

東洋医学の知恵を使って、すこやかに血液サラサラさせてみませんか

 

Photo_7

体質は上記のタイプを複数持ち合わせていることもあります。

ご相談ください。

漢方薬局 藤枝 焼津 島田 静岡

|

2012年7月20日 (金)

あなたの周りのこんな人

キレる大人?

 

いつもと同じ話をしただけなのに、

急に怒りだす人、いませんか

 

こちらはたのしい気分が台無しだし、なんだかとっても不愉快になるし。

もう、、、こんな人、大嫌い!

なんて思う人がいたら、ちょっと待ってください。

嫌いになるのは、まだ早いかもしれません。

 

季節は小暑を過ぎて、今は大暑を迎えるばかりです。

大地が焼けつくような太陽に熱せられるこの時期は、気が遠くなるほどの暑さに苛まれる人もいるかもしれませんね。

人の体も、自然界の一部です。

大地が暑くなれば、人の体も熱を帯びます

 

ある条件が重なるとき、

体内にこもる熱が、怒りへとはけ口を求めてしまうことがあります

 

 どんな条件?

普段から我慢することが多い人、イライラする、お腹が張りやすい、ゲップが多い、生理周期が不安定、生理前に胸が張る、

わき腹にかたまりを感じて時に痛くなる、頭が張って痛い、

赤ら顔、目が赤い、口内炎ができやすい、口が苦くて咽が乾く、鼻血が出やすい、手足がほてる、多汗、寝汗が多い、肌荒れ(赤いぶつぶつ)、ニキビなど

【心火上炎】、【肝気鬱結】、【肝火上炎】、【肝陽上亢】、【血熱】、【陰虚火旺】等々

いくつか当てはまる人が、ビールやお酒をたくさん飲んだり、辛いものや味の濃いものを食べ過ぎたり、節電対策でクールビズをがんばり過ぎたりしたら・・・

カラダの中にたまった熱は、ついに爆発

 

そんなときは

側にいるあなたが、そうした熱をカラダの外に追い出す食材を食べさせてあげられるとよいですね。

漢方の知恵は、キッチンから実践できるんですよ。

それは 薬膳 ともいわれます。

難しいことではありません。 ちょっとしたコツをつかめば、誰でも家族の健康を守るホームドクターに早変わりです。

 

 カラダの熱の排出を助けてくれる食材は?

 お肉なら豚肉、

 スイカ、トマト、きゅうり、ゴーヤ、冬瓜、根菜(大根、ごぼう)、あさり、しじみ、海藻(わかめ、昆布、ひじき)、緑豆(緑豆もやし、緑豆春雨)、こんにゃく、バナナ、梨、豆腐、香り野菜(セロリ、三つ葉など)、菊花茶、ミントティー、緑茶など

 

 たくさん食べると怒りっぽくなる食材は?

× お酒、辛いもの、脂っぽいもの(牛肉、ケーキなど)、甘いもの(チョコレート、生クリーム、炭酸飲料)など

 

怒りっぽさは性格だけによるものではありません。

食生活や普段の生活習慣からも、怒り気質は作られていきます。

※ 体の熱を冷まそうとして、冷たい飲み物をガブガブ飲んではいけません。

冷たい飲食物の摂りすぎは胃腸を傷付け、むしろ逆効果となってしまいます。

 

漢方の理論では、怒り体質を改善することは可能です。

漢方薬は、そんなあなたの悩みに寄り添います。

涼やかに “夏の怒りんぼう” に取り組んでみませんか

 

上記の漢方理論は、

思春期のお子さんや家庭内暴力を引き起こしてしまうような体質の改善にも役立ちます。

ですが、そうしたケースではご本人だけでなくご家庭や環境などにも様々な要因が絡んでいることがあるため、薬だけに頼らないで周囲の皆さんで課題に取り組む姿勢が必要となります。

 漢方薬局 藤枝 焼津 島田 静岡

|

2012年7月18日 (水)

夏のご挨拶♪

皆さま、ちゃんとお元気ですか?

 

暑中お見舞い申し上げます

暑いですねーー。

早くもこの暑さにカラダがついていかない、という夏バテ予備軍の皆さんはいませんか?

 

そんな夏の疲れによい知恵は、漢方にもたくさんあるのですけれど・・・

この夏、赤堀薬局ではそんなバテ気味なあなたに、

プレゼントキャンペーンを開催中です

Photo_2

大高酵素特選品をお求めのお客さまに、

ゆず果汁100% 卓上ゆず生しぼり 1本 差し上げてます

 

100%鹿児島産のゆずの香りと酸味が、あなたの夏のカラダをやさしく癒してくれますように

 

もうすぐ夏休み。

海に山にプールにカブトムシ! 夏は楽しいことが目白押しですね。

大高酵素は疲れたカラダの健康維持にも最適です。

あなたは噂の大高酵素でダイエット派? それともカラダの中から生まれ変わるファスティング派?

わたしはただ今、美肌作成中です♪

大高酵素で痩せた人は、

お肌がしぼまず、美肌が維持されるんですよ 。 

美容界のカリスマ・エステシャン、

高橋ミカさん(ミッシィボーテ主宰)島田淑子さん(かっさセラピスト) はそのゴットハンドをもってしても、美肌を保つダイエット方法としての大高酵素特選品のすばらしさを認めています。 韓国女性の美肌の理由を探求していた 上田祥子さん(美容ジャーナリスト・モデル) も数年前から大高酵素に魅了されているそうなんです。

「ダイエットをしたら、最近お肌がしぼんじゃった。」と嘆いているふっくらアラフォー女優の斉藤由貴さんにもこの方法を教えてあげたかったくらいですね。

でも、大ブームにはなってほしくな~い!わたしの秘密の美容法です

 

この夏はあなたも、つるつるピカピカの美肌で友達をびっくりさせちゃいましょう

 

 

ゆず生しぼりキャンペーン中間報告

先週半ばから始めたこの企画も一週間ほど経過しました。 思いのほか好評で在庫はあと1ダースを残すのみとなってしましました。

「ゆず生しぼりがほしい」というお客様は、お早目のご来店をお待ちしております

 

大高酵素特選品は、

スーパー大高よりも発酵期間が長く、成分的にもさらに低分子化されているため、一説によるとスーパー大高の3倍の力が見込めるとのこと。 わたしがコチラを選ぶ理由です

 

|

2012年7月15日 (日)

夏が来ると思い出す☆2

ラムネ色の夏

 

夏が来ると思い出すもの。

しょっぱい海、空にうかぶ入道雲、

足の裏にからまる熱い砂、子供たちの笑い声、

縁側を横歩きする沢ガニ、スイカ、ラムネ、おばあちゃん、ぼっとん便所と五右衛門風呂、

宝来橋のたもとの高橋薬局・・・

 

小さな田舎の駅を出て柳井川にそって歩いていくと、せせらぎの向こうに古い木造のその薬局はありました。

ガラス戸を開け、カーテンの代わりにかけられた日に焼けた大風呂敷を手繰り寄せると、そこはたしかにあったはずの場所。 古風な店の土間には不自然な木の板が二畳分ほど敷かれていて、戦時中の防空壕の名残りを残しています。

わたしたちが到着すると、おばあちゃんが必ず用意してくれているもの。

井戸水できんきんに冷やされたまん丸のスイカ。 1ダースのラムネ。

その家に到着するときれいに磨き上げられた縁側に腰掛けて、汗をぬぐいながらみんなでそのスイカを頬張るのですが、、、

誰からともなく、中庭に向かって「ぺっっ。」とスイカの種を吐き捨てるのです。

それはおばあちゃんと私たちだけの秘密の流儀。

スイカを食べ終わると、普段は薪割りをするその中庭をおばあちゃんが念入りに掃き掃除をするのが里帰り初日の定番行事でした。

 

目を閉じればこんなにもはっきり思い出せるのに、今はもうない夏。

 

ふとした拍子に思い浮かべる幼い頃の記憶を、今、無性に愛おしく思い出されるのには訳があります。

 

「光の消えた日」

いぬい とみこ 作

なぜかこの頃、柳井市出身の七十ウン歳の方々の間で静かなブームになっている本。

 

半年ほど前のある日、仕事中のT子さんに連絡が入りました。

「いぬいとみこ先生の『光の消えた日』を持っといででしたら、貸していただけませんでしょうか?」

それは久しぶりに聞くT子さんの同級生の声でした。

この本のブームはこれまでも何度か去来しているのですけれど、今回は本を元に皆で輪読会をしたいとのことでした。

「ごめんなさい。その本は読まそうと思って娘に貸してから失くしてしまって。」

えぇぇぇ 、なんですかそれは!わたしが悪者ですか!?

わたしはT子さんをなじりたくなる思いを必至に抑えましたが、汚名を返上する機会がようやくやってきました。

一ヶ月ほど前、離れの掃除をしていた際に、部屋の隅にちょこんと整頓されて並んでいた本たちを発見したのです。 T子さんにしまわれたまま忘れられていたのでしょう。

 

ほこりを払われて母屋に戻ってきたその本を見たT子さんは、殊の外うれしそうでした。

ページをめくると、そこには聞き覚えのある柳井弁がそこかしこに溢れていました。

おばあちゃんがしゃべっていた言葉と同じ響き。

懐かしく読み進むうちに、わたしはいつの間にか“いぬいとみこワールド”に引き込まれていきました。

 

Photo_7 

時は終戦前の昭和十数年頃。

物語は最初、広島からほど遠い瀬戸内の田舎町の幼稚園を舞台に繰り広げられます。

主人公は女学校を卒業して間もない保母さんの今泉朋子。

二十歳そこそこの今泉朋子の目を通して映し出される情景は、敗戦間際とは思えないほどほのぼのとしたやさしい慈愛に満ちたものでした。

T子さんは、なんと 『はにかみやのTコ』 という園児として物語に登場します。

園児たちは皆、今泉朋子先生が大好きでした。

“キミコ” も “ノリオ” も “ショウヘイ” も。

“Tコ” も例にもれません。

「いぬいとみこ先生の膝の上はいつも争奪戦だったのよ。ふわふわして暖かくて気持ちよくって。いぬい先生のだっこがとってもうれしかったの 。」

 

ある日、今泉先生は園児たちの喜ぶ顔を見たくて大切な大切なクレヨンで紙芝居を作ります。 そのクレヨンは、出征のために帰郷する前日の恋人から今泉先生に贈られた最初で最後のプレゼントでした。

『わぁ、きれいじゃねぇ。』 園児たちは奇声を上げながら色とりどりのクレヨンに群がります。 みどり色のクレヨンを一番最初に手にしたのは “はにかみやのTコ” でした。

物資が不足していた配給の時代、幼い園児たちは色クレヨンを見たことがなかったのでしょう。

貧しいながらも心温まるエピソードの数々。

けれど戦況の悪化に伴い、物語は次第に時代の暗い影を感じさせていきます。

 

中盤に入ると、

それまでの穏やかな雰囲気が一変し、ノスタルジーに浸りながら読んでいたわたしの脳に衝撃が走ります。

8月6日の広島の原爆投下、14日の光の空襲。

終盤には誰かの記憶に埋もれていた“その日”の真実が、女学生や見ず知らずの女性の口を借りて語り出されます。

柳井は小さな田舎町でしたが、当時多くの学徒や女学生たちが一大軍需工場と化した光工廠(こうしょう)に動員されていた関係でその空襲で多くの若い命が失われたとのこと。 玉音放送の前日の出来事でした。 

今泉朋子はその有様を数十年後、幼稚園に実習に来ていた女学生達と再会した際に聞くことになるのですが、、、

そんな作中のエピソードを、ここにひとつだけご紹介しましょう。

 

ある女性の告白。

原爆投下の数日後に被爆した甥たちを探しに焼け跡の広島をさまよっていた時のこと。

火傷のきずのとてもかるい子がいました。その女の子はほんとうに小さくて、「お母さん」といえずに、「たぁたん」といっていました。二つくらいでしょうか。その子が、しきりにわたしを見あげて何かいっているのです。

すぐ近くまで火が燃えてきて、けむくって、いきがつまりそうな場所でした。わたしは、火傷のかるいその子をだいて、安全なところに逃げようとしました。・・・・

するとその子は落ちている大きな家のたる木の下をのぞきこんで「たぁたん、たぁたん」といってはわたしの手をひっぱります。・・・・

わたしは両手でそのあたりを夢中で掘りました。火の手が前からも後ろからもちかづいてきます。ようやくたる木の下の地の下から、「たぁたん」とその子がいっている人の手の先だけ、ほんのすこし出てきました。・・・・

「さ、あんた、ここにいては焼け死ぬんよ、わたしといっしょに逃げましょう…」わたしは、その子をだきあげて逃げようとしました。でも、その子は「たぁたんとねんね」「たぁたんとねんね」とだけいって、手のさきだけの母親のよこのたる木とならぶようにして、ねころんでしまったのです。

こわいほど、おとなびた目の女の子でした。女の子は「たぁたん」の手のさきをにぎると、わたしのほうを、(ありがとう)というようにじっと見て、にっこりわらいさえしたのです。火がわたしのもんぺのところまで迫ってきました。(ごめんね…ごめんね)と、わたしは目をつぶってそこから逃げだしてしまったのです。…生きていたその女の子を見殺しにして…。 【光の消えた日/いぬいとみこ作 一部抜粋】

 

幼子がその母を求める思い

それもまた、無償の愛なのでしょう ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 

この作品を読んでしまった今、

わたしのラムネ色の夏の思い出は、70年前の戦争と広島の原爆と犠牲となった人たちの悲しみとに結びついてしまいました。

そして現在、原発再稼動を巡ってさまざまな意見がこの国を飛び交っています。

わたしたちは、

今いる子供達のために、どんな未来を描いていけばよいのでしょうか。

 

Photo_4

 

主人公の今泉朋子は いぬいとみこ その人です。

いぬいとみこさんは、

幼い日のT子さんが大好きだったその膝に我が子を抱き寄せることのないまま、独身の童話作家として生を全うされました。

T子さんは幼稚園時代にいぬい先生に教えてもらった「にんじん、だいこん、かぶら」の歌を今も口ずさみます。

 

にんじん♪ だいこん♪ かぶら~♪

にんじん♪ だいこん♪ かぶら~~♪ 種をば蒔くよ~♪♪ ・・・♪

 

それはやせ細った園児たちにお腹いっぱいの夢を運ぶ、魔法の歌だったのかもしれません。

 

柳井川の宝来橋は、後に名前がその川の橋々を転々としたそうです。

「こっちの橋が宝来橋じゃったのに、向こうの橋に名前をとられちゃったんよ。」 なんておばあちゃんは言っていました。 今、その橋はなんという名前になっているのでしょう  ・・・

 

Photo_5  

 

 

 

 

<長 新太 画>

 

 

 

9月28日 後日記

今日は山口県の山陽小野田市にお住まいの O夫人より、柳井市の写メールをいただきました♪

TV画面に映ったところを急いでパチっと写メして下さったそうです。

Photo 

夜の白壁の街に、ぽぉっと浮かぶ金魚ぢょうちん。

 

おばあちゃんの高橋薬局は、こんな通りの数軒先にありました。

この静かな情緒が、いつまでも残ってくれますように。

おばさま、ステキな写メをありがとうございました

 

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »