« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年4月

2011年4月15日 (金)

レベル7

よくわからないから、調べてみました

 

12日、経済産業省、原子力安全・保安院が福島第一原発事故の国際的な基準に基づく事故の評価(※1)を、レベル5から最悪のレベル7に引き上げたことを受け・・・

※1 「国際原子力事象評価尺度(INES)」 : チェルノブイリ事故を受け、原発事故の深刻さを一般に示すために1989年に国際原子力機関(IAEA)によって策定。  レベル0~レベル7の8段階がある。

13日、水曜日、朝。

出勤前のラジオなひと時を送るわたしの耳に入ってきたのは、

「テラとかケイ(京)とか、いきなりそんな単位で説明されてもわからないわよねぇ。 チェルノブイリの事故と一桁違うって言われても、どう違うのかわからないわよねぇ。」

という、パーソナリティの言葉でした。

確かに!と、一瞬納得してしまいそうになりましたが、

この時、わたしの理系脳が反応しました。

京(10の16乗)レベルの一桁は著しく異なります!

 

で、調べてみました。

この数字について、世界はどう解釈しているのか。

 

【国際原子力機関(IAEA)】 天野之弥事務局長は、福島第一原発事故を「大きな挑戦」と受け止めるとし、「原子力の安全性に関する世界の懸念を深刻にとらえなければならない」とも強調した。

原発推進と安全確保の両立を図る IAEA のスタンスから、

天野氏は、国際的なエネルギー需要の拡大や気候変化、不安定な化石燃料価格への対策として原子力の有用性と、国際的な安全基準の順守や透明性の確保を訴えていましたが、

うーーーん。

天野氏の穏やかな口調にのせられて、わかったような気になってしまう自分が怖いです

 

【同じく IAEA 】 デニス・フローリー事務次長は、日本の「レベル7」への引き上げには理解を示しつつ、「福島第一原発とチェルノブイリ事故はまったく違う」と何度も力説。

「チェルノブイリ原発では、運転中の原子炉が大爆発して、数日にわたって大規模な火災が続いた」と説明し、「チェルノブイリ原発事故は上層大気に放射性物質を放出し、世界中に広げるほどの威力があった」と語った。

一方、福島原発では地震時に原子炉が自動的に稼動停止し、圧力容器は爆発していないと指摘。

また、人と環境を守るための当局の行動を阻害していないため、事故の一ヶ月後に評価レベルが引き上げられたことは問題ではないとし、日本の危機対応を指示する姿勢を示した。

なるほど。 思い出しました。 チェルノブイリの時は、旧ソビエトが事故をひた隠しにしてシラを切り通そうとしてたわよね。

衛星写真で全世界にバレてたのに。

それを考えると、日本って可愛いくらいに情報提供しているような気もしてきたわ。

また、フローリー氏は次のようにも述べて日本側の分析を支持しました。

「福島の事故による放射性物質の放出量はチェルノブイリ事故の約10%(14分の1)にとどまり、大きく異なる」

・・・ 安心できるような、できないような

 

【世界保健機構(WHO)】 グレゴリー・ハートル報道官は「人体への影響に対する評価は今日と昨日(レベル引き上げ前後)で変わってはいない」と説明し、

「現時点で、人体に対する影響リスクは30kmの非難区域圏外ではほとんどない」との見方を示した。

さらに「日本当局は、3月11日の東日本大震災と津波発生直後と比べて、かなり多くの情報をもっている」と指摘。

つまり、「今のところ健康被害はゼロだから、いいんじゃん」ということでしょうか。

 

【ロシア、原子力公社ロスアトム】 キリエンコ総裁は13日、訪問先の中国で記者団に対し、「福島第一原発の状況は思ったほどには悪化しておらず、我々の評価ではレベル6にも達しない」と述べ、日本政府の判断を疑問視する考えを示した。

さらに日本が評価を切り上げるに及んだ背景には「原子力とは別の財政上の問題があるのではないか」と述べ、事故に伴う巨額の保険金などを免れようとする意図があるのでは、との見解を述べたとのこと。 

そんな見方もあるんですね。

話はいろいろな人に聞いてみるものですね。

 

【中国、環境保護省】 当局者はレベル7への引き上げを受け、放射線量の放出量をチェルノブイリ事故と比較した上で

「中国への影響は100分の1」との見解を示した。

同省の見解によると、チェルノブイリ事故発生から間もない1986年5月8日には北京で 290.00ミリベクレル(1平方メートル当たり)の放射性ヨウ素131を検出。 福島第一原発の事故後では、3月30日から現在までの平均が 1.70ミリベクレル、最も濃度が高かった4月6日でも 3.55ミリベクレルに過ぎないと説明。

福島原発事故の世界に対する悪さ具合は、チェルノブイリの100分の1と解釈していいのね。

この数値をお隣の国、韓国の方々に伝えたら安心してくれるかしら。 「放射性物質の雨が降るから臨時休校しましょう」 なんて、今のところは大丈夫ですよって

 

【アメリカ、原子力規制委員会】 ヤツコ委員長は、レベル7への引き上げについて、「驚きはない。深刻な事故であり、関係者は適切に対応していると思う」と述べて日本政府の判断を支持。

また、福島第一原発の状況について、「変化はあまりないが、安定した状態とは言えない」と述べた上で、「余震の影響で外部電源が遮断され、水の注入作業が一時止まったりしている」と、依然トラブルが続いていることに懸念を示し、事態の推移を引き続き注視していく考えを示した。

 

【フランス、放射線防護原子力安全研究所(IRSN)】 パトリック・グルムロン人体防護局長はレベル7は日本の「過剰評価」と指摘し、「福島の状況は深刻だが、被害の大きさはチェルノブイリ事故と比べてはるかに抑えられている」と評価した。

 

以上、主だった見解をリサーチしてみて、

なんだかとても不毛な作業をしている自分に気付いてしまいました

それぞれの国、機関は各々が属する団体の立場からコメントしていて、結局は国益を追求するために YES or NO を述べているだけのような気もしてきたの。

なんだか、日本人ってすごく素直で翻弄されやすい民族なのかも、なんて思えてしまいます

かのアドルフ・ヒトラーは言いました。 「集団は女性的である。」と。

噂に煽動されやすく、思考停止しやすいということでしょうか・・・

だからリーダーは集団を強引に先導すべきだ、とは彼の主張です。

日本に独裁者は必要ないと思うけど、諸外国に NO と言える強いリーダーシップはやっぱり必要かも。

 

最後に、わたしをめちゃめちゃ不毛な気分にさせた、ちょっとおもしろい見解をご紹介しましょう。

【京都大学大学院】 佐伯啓思教授(社会経済学・社会思想史)

世界各国は、日本復興をめぐる政治的綱引きをしています。 

原発大国1位の米国と2位のフランスが、福島第一原発への支援を競っているのは、自国の原発政策への影響を防ぐと同時に、今後の原発市場をめぐる駆け引きでもあるわけです。

そんな両大国の陰には武器商人ならぬ、世界の原発商人の思惑も見え隠れ・・・

福島第一原発事故の初動体制に批判が集まる中、アメリカとフランスの申し出が日本側になかなか通らなかった背景には、そうした米仏の動きを危惧する意味合いもあったのでしょうか?

米国が狙っているのは、日本の復興に向けて生じる復興特需です。

ジェームズ・アワー元米国防総省日本部長が「復興のためにTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を批准し、農業改革せよ」と述べたように、震災や原発事故で打撃を受けた日本の農産物市場に、TPPを契機として食い込んでこようとするのは確実です。

そうすると、国際競争力の弱い日本の農業は大打撃?

ただでさえ日本は食料自給率が低い上に、被災して大変な農家の方々が農地を放棄してしまうようなことになったら、この国の将来はどうなってしまうんでしょう

米投資情報誌「バロンズ」は、3月20日付けで「日本は買い」と題する記事を掲載。 (中略) これは絶好の投資機会と書き、米国はこの震災すら投資の一環と捉えている。(NEWSポストセブン)

投資の世界はまったく非情ね。 まあ、それは日本の投資家にも共通することかもしれませんが

そうして復興を米国に委ねてしまえば、今度こそ日本はアメリカ型グローバル金融資本に呑み込まれてしまう。

日本は今こそ、アメリカ型の市場競争やグローバリズムから方向転換し、新しい経済モデルを考え出さなくてはなりません。 

社会的なインフラの再構築、中期的な被災地の復興から長期的な国土計画まで、強力な政府が主導する壮大なプランを、日本は打ち立てなければならないのです。 (後略)

その意見には大賛成よーーー

戦後の日本は GHQ の間接統治のもと奇跡的な成長を遂げた。 しかし、今回またそれを繰り返せば、日本は今度こそ米国の経済的属国に堕してしまうかもしれない。(NEWSポストセブン)

 

そんな話を聞いていたら、気分はすっかりブルー

ヒラリー・クリントン米国務長官の今月17日に予定された来日が、そうした戦略的経済政策の一環だったとしても、不思議はありませんね。

(この方、「後光が射して見えるほど神々しい」と表現されることもあるそうですよ。)

諸外国に対しては、

白洲次郎のような、鮮やかに NO と言える切れ者を

国内にあっては、

坂本竜馬のように、賛成派も反対派も巻き込んで目的に邁進する逸材を

 

今こそわたしは、熱望いたします

 

参考資料 :

ロイター

毎日新聞 毎日JP

読売新聞 YOMIURI ONLINE

NHKニュース NHKオンライン

産経新聞

毎日新聞

NEWS ポストセブン

|

2011年4月12日 (火)

土くれのこえ

天罰と人災と?

 

ぼくは土くれ。

みんな、ぼくを思い出して。

君たちが生まれるずっと前から、ぼくは君たちを守ってきたんだ。

ぼくは、セシウムを吸着するよ。

時が経ち、植物は生まれ変わり、いつか危険もひっそりと身をひそめるだろう。

ぼくは、君たちを守ってあげる。

だけど、君たちも変わらなくてはいけないよ。

君たちは恐竜じゃない。 君たちには知恵がある。

その知恵を、正しいことに使うんだ。

 

この天災は、

君たち種族へのいましめか、

大地からの、地上を侵食する文明への警告か、

はたまた、破壊的なエネルギーを手にした人類への、神からの啓示なのか。

それは、誰にもわからない。

 

でもね、

ぼくは、ひとつだけうれしいの。

君たちは、あの日からすこし変わった。

心の中に隠れていたあたたかな思いが、誰かと誰かの絆をつむぐ。

 

そうだよ、

君たちの知恵は、そうして使えばいいんだ。

 

ぼくは、君たちを守る。

これまでも、これからも。

だから、ぼくをアスファルトやコンクリートで覆わないで。

ぼくは草がすき。

木もすき、森もすき。

 

あたたかな人の手もすき。

 

 

わたしたちの国を襲った未曾有のこの事態から脱却するために、

優秀な頭脳をもつ専門家による幾多の打開策と、使命感を胸に秘めた勇気ある行動が切に待たれます。

政治家の諸先生方におかれましては、責任の押し付け論と揚げ足取りに時間を費やされることのありませんように。  原発事故の早期収束と東北地方復興、更には日本社会の発展を目的とした議論に専心して頂きたく、切に懇願申し上げます。

電力によって、明るさと 便利さと 快適さを享受してきたわたし達は、

今回の事故を、ただ一重に東電と原子力発電のせいにして良いものでしょうか。 なんとか皆で知恵を出し合って、なんとしてもこの場を乗り越えられますように。

 

|

2011年4月 9日 (土)

ある日の会話

あの日、あの後、どうなるの?

 

マダムKはふくよかな美人です。

舞台栄えしそうな美しい目鼻立ちの持ち主でありながら、その朗らかな性格とにこやかな笑顔がとっても魅力的。

 

ある日のマダムK。

話題はやっぱり東日本大震災と福島第一原発。

「大変よね。 なんとかせんにゃいけんよね。」 「うちらは離れとるけぇ・・・。」

そう、マダムKは山口県の I 市在住の生粋の瀬戸内っ子です。

「じゃけど、うちらは原爆のあと、魚も野菜も普通に食べとったよね。」

マダムKの住まいは、広島の原爆ドームから直線距離にして約35km地点。

 

終戦当時、マダムKはまだ3才。

当時6才だったマダムKのお姉ちゃんのTちゃんは、大の魚好き。 幼いTちゃんは毎朝タイの刺身をおねだりしては母親を困らせていたそうです。

瀬戸内のタイは絶品です。 タイは鮮度が命。

Tちゃんのために、漁れたてのタイを求めるお母ちゃんは魚屋が開店する時間に合わせて買い物に行くのが日課でした。

あの日、午前8時15分。

お母ちゃんは二階の物干しで洗濯物を干していました。

「空が光ったぁ!黒い雲が上がっとる。 これは大変なことになったぁ。」 そう言って大声を張り上げながら階段を駆け下りてきたお母ちゃん。 マダムKもTちゃんも、その光景を今も覚えているそうです。

「じゃけど・・・・、食べとったんよね 。」

「うん。 なんにも知らんと、魚も野菜もとれたもんを普通に食べとった。 食べとったけど、うちら別に病気になっとらんし。」

そうです。 マダムKは至って健康なふくよか美人。 一緒に話すお友達も健康体のすてきな女性です。

 

 

65年前の原爆が投下された広島周辺の様子と、

今回の福島第一原発の事故を単純比較することはできません。

汚染区域や汚染度など、わたしには当時の数値がわかりませんし、

瞬間的に汚染が広がった当時に対して、今回は経時的に放射能漏れが続いていることから見ても安易に比較できることでないのは理解できます。

放射能の海洋汚染にしても、

陸地に投下された原爆により当時の瀬戸内海でどれほどの汚染があり、汚染水を放出した今回とではどのような差があるのか、それらを調べる術もありません。

それでも、わたしは

あの原爆投下の周辺35km付近に育った住民の言葉に、説得力を感じずにはおれませんでした。

 

幼い子供を抱えた家庭や現在妊娠中の女性などは、放射線に敏感になってしかるべきです。

子供を守ることは親の使命。

子供の健康のために万全を期したい、そう思うのは至極自然です。

そのために、

何が危険で、何が大丈夫なのか。

政府は正確な情報を公開すべき時となり、わたしたちにはその情報を正しく受け止める努力を求められる今となりました。

正しく、恐れることのむずかしさ

 

福島県の皆さん、

被災されてなお、風評被害に悩まされる皆さん、

日本には、あなた方を応援する人がきっときっとたくさんいます

あなた方のために、わたしには何ができるでしょうか。

 

読売新聞 YOMIURI ONLINE (4月9日) より

3月16日

米政府が在日米国人向けに 福島第一原発の半径50マイル(約80km)からの非難勧告 を発した。

3月30日

ヤツコ米原子力規制委員会(NRC)委員長は米上院歳出委員会エネルギー水資源開発小委員会で 「50マイルの避難勧告は限られた情報に基づく、慎重で保守的な決定だった」 と説明した上で、「現在のデータは、安全な距離は20マイル(約32km)と示している」 と証言し、日本の判断は妥当との考えを表明。

4月 7日

米原子力規制委員会(NRC)の安全責任者ランディ・サリバン氏はNRCの諮問委員会で、3月16日の避難勧告は 「2号機の炉心が100%損傷して16時間にわたって放射性物質の放出が続く」 という場合を想定して算出したもので、原発での実測データを用いたものではなかったことを明らかにした。

この日、米メディアは 「半径50マイル(約80km)からの避難勧告は、原発の状態をより悪く見積もった‘仮定’に基づく判断であったことが判明した」 と報じた。

 

米政府が算出した半径50マイル(約80km)という数字は慎重を期した上での数値とはいえ、日本政府及び東電側の情報開示の遅延に起因するものであることは否めません。

こうした日米両政府間の安全領域の食い違いは、日本国民の間に混乱をもたらし、私達の心に政府や東電に対する不信感を抱かせる原因ともなりました。

そして、事態は未だ収束していない。

 

 

今、日本が心をひとつにして東北復興に立ち向かおうとしているこの時、その道を阻んでいるのは、紛れもなく福島第一原発の被災でしょう。

この困難を乗り越えるために、

政府与党も野党も、東電のえらい人も、現場で体をはる作業員も、官僚も、有識者も、優秀な頭脳を持つ人もそうでない人も、いろんな意見を出せばいい。

どんどん議論して、たくさん反省して、最良の結果を導き出せばいい。

そして、そこから更に一歩進めたら、わたしは、生産者が自信をもって物作りができる社会になってほしい。

米も、野菜も、

魚も、ホタテも、海苔も、牛乳も、

車の部品も、せとものも、塗り物も、紙でも、箸でもなんでもかんでも

真剣に作ったもの獲ったものがちゃんと評価されて、そんな生産者がちゃんと尊敬される世の中になってほしい。

できれば、ささやかでもそんな生産者達の技術と心意気がちゃんと評価されてほしい。

それが、

資源の少ない日本が、次世代に残せる大切な財産だと思うから

 

わたしは漢方で、そんな知恵と心意気を持つ人たちのお役に立てたら

うれしいの

  

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »