« なんということでしょう。 | トップページ | チラーヂンを服用中の皆さまへ ③ ~ 必ずお読み下さい »

2011年3月15日 (火)

わたしが応援したい人

願いよ、とどけ

 

お父さん、あなたの大好きな日本が大変なことになっています。

東北地方の太平洋沿岸では、大地震のあとに未曾有の大津波に見舞われ、壊滅的被害を被ったばかりだというのに、

今度は、原子力発電所が放射能漏れの大惨事となるか否かの瀬戸際にあります。

 

高濃度放射性物質の放出が続く福島第一原発。

そこでは、日夜、作業員による決死の作業が続けられているそうです。

それは、放射能汚染の恐怖と闘いながらの本当に“決死”の作業。

15日、注水作業は東電や協力企業の作業員800人で行われていたところ、爆発に伴い多くの作業員が現場を離れざるを得なかったとのこと。

 

残されたのは、「必要最小限」の50人。

 

この50人の勇気を、

被爆の恐怖に苛まれながら、それでも地域住民のために、電力の安定供給のために現場で働いてくれている800人の献身を、

わたしたちが応援してあげることは、できないのでしょうか。

彼らは、今まさに、文字通り命を賭けて働いてくれているはずです。

その覚悟は、旗色が悪くなればあっという間に辞任してしまうような政治家先生の比ではないようにも思えます。

 

たしかに、事故の報告や汚染状況の開示、経営陣のあり方など、

議論の余地はいくらもあるでしょう。

そうした問題点は、これからたっぷり反省しましょう。

ですが、今は

チェルノブイリを連想させる尋常ならざる大惨事を未然に防ぐために、どうするか。

それが何より大切なはず。

原発批判をするより、

東電社員を叱責するより、

今、わたしは

日本の未来を守るために、周辺住民の健康を守るために、命をはって作業してくれている方達を応援したい。

 

ワールドカップのあの時のように、

あの青いサムライ達を応援したように、

みんなで事故現場で尽力する作業員達を応援できないものでしょうか?

 

 

15日午前、隣接する3号機付近で観測された400ミリ・シーベルトの環境下での作業は、15分が限界だそうです。

津波による被害で停電も続く今、

照明がつかない真っ暗闇の屋内では、作業効率も上がりません。

余震が続く中、津波警報で作業の中断をされることもあるとのこと。

【12日午後、高圧になった1号機の格納容器内の蒸気を逃がすための弁が開放された。 ... その作業にあたった男性は100ミリ・シーベルト以上の放射能を浴び、吐き気やだるさを訴えて病院へ搬送された。】  (3月15日 読売新聞 YOMIURI ONLIN より抜粋)

この作業により、

格納容器に亀裂が入るという最悪の事態はまぬがれました。

この日、わたしたち日本人は間違いなくこの作業員に救われていたのです。

 

東北地方では今、多くの被災者が想像もできないような辛さを味わっています。

その辛さを助けようと、多くの方々が尽力しています。

わたしたちはその方々を褒め称えます。

わたしは、それと同じように原発の作業員達を称えたい。

今はまだ、作業の途中。

最悪の事態に至る可能性は、依然ある。

そんな今だからこそ、わたしは彼らを応援したい。

 

がんばれ、東電で作業する人達!

がんばれ、そこで尽力する関係者達!

あなたたちはわたしのヒーローです!!

日本の未来は、今、あなたたちの肩にかかっています!!!

 

|

« なんということでしょう。 | トップページ | チラーヂンを服用中の皆さまへ ③ ~ 必ずお読み下さい »

とびとももと二人言」カテゴリの記事