« お待たせしました。 | トップページ | 行ってきました! »

2010年8月31日 (火)

夏を想う ~ 熱中症だけではありません。

熱い太陽   怒り心頭に達する

 

そろそろ子供達の夏休みも終わり。

皆さん、どんな夏をお過ごしでしたか?

たのしい思い出、わくわくした経験、ちょっと焦った出来事など、

いろんな夏があったことでしょう。

 

二十四節季・大暑は過ぎて久しいのですが、

この時期は大気の暑さがピークにさしかかり、カラダの中にこもる熱も最高潮に達します。

非常な怒りがこみ上げてくる、原因不明の不眠に悩まされる、イライラが治まらない など

心が熱に侵された症状が多発します。

とくに暑さが厳しかった今年は、

7月23日~8月6日(大暑)に、これらの症状に悩まされた人は少なくはなかったでしょう。

怒りが静まってから考えれば、

「どうしてあんなに怒ったのかしら。」 「あんなこと言わなければよかった。」 などと思ったかもしれません。

ときには怒りのあまり、暴力・暴挙に出てしまった人もいたかもしれません。 怒りの後には憔悴して、辛い気分の落ち込みを感じたかもしれません。

まわりの人は、ただただ唖然とするばかり。

 

原因はなに?

怒りに理由はあるの?

病院にいったら、「暑さによる不眠で苛立っていたんでしょう。」 「更年期ウツ症でしょう。」 と言われたでしょうか。

陰陽五行論において、

心の病証 が現れやすい季節とされます。

夏の病気の引き金となるもの【邪気】は、暑さ【暑邪】

暑さが最高潮に達する大暑(7/23~8/6)は、心が暑邪の攻撃を最も受けやすい時期とも言えます。

【心火上炎、痰火擾心】

妙にイライラする、まったく寝付けない(不眠)、口が乾く、舌が赤く腫れて痛い、尿が黄色い

ひどいと、突然怒り出したり笑い出したりする、落ち着きがなくわめきながら動き回る、人を罵りだしたり暴力を振るう など。

このような場面に出くわすと、周りの人はたいへん困惑しますが、

実は、本人が一番辛い思いをしていたりもします。

そんな時は、

心の熱を冷ましてあげましょう

症状がさらに進んだ場合、自分自身の心的状況に憔悴しきって自殺企図を実行してしまう例もあります。

油断は禁物です。

 

 自分でできる対処法

                 ~ イライラが続いてしまうあなたに

 

 カラダに熱をこもらせる食材は控えましょう。

× 酒類(ビールを含みます)、唐辛子などの辛味の香辛料、牛肉・羊肉、油っぽいもの、味の濃いものなどなど

近頃ではカプサイシン・ダイエットと称して、唐辛子や辛味サプリメントを常に摂取している例があります。 本人は気が付かなくても、クラスメイトや同僚に「あの人怒りっぽくなったよね。」 なんて言われているかもしれませんね。

 カラダから熱を取り去る食材を食べましょう。

スイカ・キュウリ・トマトなどの夏野菜、緑豆、緑豆春雨、バナナ、ゴーヤ(苦瓜)などなど

ただし、冷蔵庫で冷やしたものを大量に摂取してはいけません。 冷たいものは胃腸を冷して代謝を低下させるばかりか、胃酸の働きを低下させて胃もたれや夏バテの原因となります。

 

それでもダメな時は・・・、

わたしにお任せください

あなたのカラダと心の健康は、わたしが守りましょう

漢方は、あなたの味方です。  

  

2010年夏、わたしの場合。

例によってやっぱりイライラしました。 怒りパワーって、良い方向に働くとものすごいやる気に変換されるんだけど、周りの人にはちょっと迷惑だったよね、なんて反省する面もあり・・・

MY 漢方に心熱を冷ます黄連オウレンを強化しました。

飲んで小一時間もしたら、ココロ穏やか、頭はすっきり。

今日も、明日も、薬草に助けられるわたしです

  

|

« お待たせしました。 | トップページ | 行ってきました! »

季節の養生」カテゴリの記事