« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月22日 (月)

春の頭痛にご用心!

本気で痛い頭痛って・・・

 

急に、頭が割れそうに痛い!って、

辛いですね

親族に脳卒中患者がいたりしたら、本気で 「わたしも、これまでかしら 。」 と不安になってしまいます。

もちろん、油断は禁物です。

クモ膜下出血や脳出血などの緊急を要する致命傷であることも、珍しいことではありません。 そんな時は、どれだけ早く専門医の処置を受けられるかで、その後の明暗が分かれてしまいますが・・・、

そうした現実をきちんと踏まえた上で、漢方に出来ることもあるんですよ。

 

春に起こりやすい、危険な頭痛

タイプ1

頭痛が起きる前に、ふわっと体が浮くようなめまいを感じていませんか?

近頃、我慢することが多かったり、イライラしたり、怒り易かったりしませんか?

夜はよく眠れてますか?

わき腹が張ったり、口が苦く感じますか?

最近、お酒を飲みすぎてはいませんか?

そんなとき、体は春のエネルギーをもてあましています。

肝陽頭痛 ~ 諸風掉眩、皆属干肝】

【春】と【肝】の関係については、赤堀薬局HP「季節の養生・春」をご覧ください。

その予防と対策は ~

中医学的には、体の中で巻き上がるエネルギーを沈め、変化をいち早く察知している臓腑(肝)を落ち着かせます。

Photo_3肝の陽気が上がって、ほんのり“さくらパンダ顔”になりやすいわたし(アトピー)の場合・・・

菊の花のハーブティを飲んでいます。

急須に菊の花(抗菊花)を5gほど入れます。

熱湯を注いで、5~10分。

 

ほのかな香り、

かすかな苦味と、すっきり後味もお気に入り♪

菊花(きくか)

【基 原】 キク科 Compositae のキク Chrysanthemum morifolium Hemsl. およびその品種の頭花。

【性 味】 甘・微苦、 微寒

【帰 経】 肺・肝

【効能と応用】 ① 疏散風熱 ~ 熱っぽい風邪による発熱・頭痛・咳嗽・咽痛に。  ② 明目 ~ 熱っぽい風邪やイライラしやすい人の目の充血・腫脹・疼痛、視力減退・目のかすみに。  ③ 平肝陽 ~ 肝の陽気が高ぶる人のめまい・ふらつき・頭痛・頭が脹るなどに。

菊花が配合された漢方薬には、杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)や釣藤散(ちょうとうさん)があります。

菊花茶は頭部の熱をとって目をすっきりさせてくれるので、花粉症などで目がしょぼしょぼしているときにもよいですよ。

イライラしやすいくて血圧が高めの人が菊花茶を飲めば、あら不思議♪ イライラがとれて、なぜだか血圧まで下がり勾配になってきます。

菊花が手に入りにくければ、

パウダーをさっとお湯に溶かすだけの香菊花シャンキクカ(菊花のハーブティ)も、お手軽でおすすめです

食事は、体の気をめぐらす【疏肝の食材】や体を細胞のすみずみまで潤す【補陰の食材、体の熱を冷ましてくれる涼性・寒性の食材】を積極的に食べましょう。

また、体に熱をこもらせてしまう【お酒】や【辛味】などの【熱性の食材】は控えましょうね。

“家庭でできるお手軽薬膳”については、店頭にてお尋ね下さい。

 

Photo_7タイプ2

風邪をひいたような気がする。

口が渇いて水が飲みたい。

顔が赤っぽく、目が充血している。

便秘がちになって、口内炎ができた。

頭を引き裂くような猛烈な頭痛をひきおこす風邪が、春にもあります。

風熱頭痛 ~ 風熱中干陽絡上擾清竅】

その予防と対策は ~

頭痛の原因となる頭にこもる熱を冷まします。

風邪のタイプによって、頭痛を生じやすいものもありますが、

【風熱感冒】

特に、体質的に熱が体にこもりやすい人や、普段から辛いものやお酒を好んで多食する人は要注意です。

このようなときは、食事を軽めにしましょう。

くれぐれも焼肉やキムチ鍋などはいけません。

お酒も禁物です。

できれば、お粥に梅干くらいであっさりと、水分はたっぷりめに

また、普段からお酒や辛いものを控えることも大切です。

 

タイプ1の頭痛も、タイプ2の頭痛も、

両者ともごく稀に、油断をすると深刻な脳血管障害に発展してしまうケースがあります。 脳卒中を発症してしまえば一刻を争う事態となりますが、

幸運なことに発症しなかった人こそ、

こうした頭痛が何度か生じた後は、普段から用心するに越したことはありません。

頭に熱がこもる

まずは自分の体のタイプを知って、重い病気にならないように、

未病(みびょう)を治す

自分の体を守るのは、自分から です。

 

注) ひどい頭痛を感じたら、まずは医師の診察を受けましょう。 突然起こる顕著な頭痛や、日を追うごとにだんだん痛みがひどくなる頭痛は特に注意が必要です。

 

タイプ1、タイプ2に使われる漢方薬、食材については店頭にてお尋ねください。  

 

|

2010年3月14日 (日)

桜のトンネルを散歩しましょう。

花の命は短くて・・・

 

三寒四温で体調を崩しがちなこの季節ですが、皆さん、いかがお過ごしですか。

気持ちよく晴れた日には、

普段は人混みが苦手なわたしも、サクラに誘われて、いつの間にか人の波に飲み込まれます

 

瀬戸川(せとがわ) の堤防沿いに並ぶ桜の木立。

このピンク色に染まる桜のトンネルに、朝も、晩も、老いも若きも引き寄せられます。

犬の散歩、ウォーキングをする老夫婦、仲むつまじい若いカップルに子供達の笑い声。 ただ花が咲くだけのことなのに、どうしてこんなにも大勢の人の心を浮き立たせるのかしら。

サクラって不思議です。

この瀬戸川の桜トンネルには、わたしの思い出もたくさん詰まっています。

泥んこになって遊んだ子供時代、父と一緒に早朝マラソンをしたこと、途中でお地蔵さんにお参りしたり、学校帰りにケンカをしたり・・・

そうした思い出とは別に、大人になってからわかった魅力もあります。

北側の桜トンネルから眺めた、対岸に広がる一面桜色の金比羅山(こんぴらさん)。 こんもりとした小山が立ち枯れた茶色から瞬く間に変貌するその姿に、しばし見惚れてしまいます。

走り回っていた子供時代には、気付かなかった美しさです。

ライトアップされた夜の金比羅山に足を踏み入れれば、そこは幽玄の世界。

瀬戸川の桜並木は、思い出と今が混在する不思議な空間です。

吉野の桜も良いけど、徒歩10分で味わえるこの840本ほどのソメイヨシノの景観もまた格別です。

 

藤枝市主催の“桜まつり”は、今年は27日(土)、28日(日)。 当日は甘酒の無料サービスもあるんですって。

地元にいたのに、甘酒のことは知らなかったです。

(根っから、食いしん坊です 。)

(でも今は禁酒です。 お酒はアトピーを悪化させてしまうので・・・。)

夜間のライトアップは今月24日から4月4日までだそうです。

桜の精に誘われて、川沿いを逍遥したくなりますね。

【逍遥 (しょうよう)】 気ままにあちこちを歩き回ること。 そぞろ歩き。 散歩。

「散歩してる場合じゃないのよ!」 というあなたは、

星火逍遥丸(せいかしょうようがん) を飲んでみてはいかがでしょう

忙しさで春の気を取り逃がしてしまう前に、

この丸薬が、あなたの体に“野山を駆け巡る春の風”を呼び込んでくれるでしょう。

緊張でこわばっていた体がいつの間にかほぐれて、乱れていた生理周期も整います。

爽快な気分は、あなたの周りの人にも伝わります。

次の春美人はあなたです

 

桜まつり当日は、瀬戸川と蓮華寺池(れんげじいけ)をむすぶ無料シャトルバスも運行されるんですって。 自治体もがんばってますね。

|

2010年3月 5日 (金)

桃の節句の食養生

ひし餅と女性 ~ 中医学的な相性は・・・ 

   

女の子が誕生すると、

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんの頭に浮かぶのは3月3日のお雛様飾りですね。

わたしの住む藤枝では、この“桃の節句”を中暦(ちゅうれき)で行います。

【中暦】 新暦の月遅れで行事をするやりかた。桃の節句は4月3日。

 

古代中国では、

桃の木には、悪しきものを打ち払う神聖な力が宿ると考えられていました。

旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲く頃です。 この季節の禊(みそぎ)の行事に、ケガレを祓い清める力があるとされる桃の木や花が添えられるようになったのも、ごく自然の成り行きだったのでしょう。

日本でも、

古来、宮中では上巳(じょうし:旧暦3月3日)には、桃の花を愛でたり桃の花びらを酒に浮かべて飲んだりして桃の節句を楽しんでいたようなのですが・・・

今に残る風習は、

やっぱり、お雛様とひし餅ですよね。

ひし餅といえば、赤・白・緑の三段重ねをよく目にします。

この三色のお餅、赤は先祖を尊び厄を祓う桃の花、白は清浄の名残り雪、緑は萌える若草を表しているともいわれますが、

同時に、わたし達の体を保つ知恵も込められているんですよ。

 

赤い餅

鮮やかな紅梅を表現するために色付けに用いられてきたのは、クチナシ(山梔子サンシシ)です。

一般に「解毒作用がある」といわれますが、漢方で使われるクチナシの力はそれだけではありません。

山梔子サンシシ

【基 原】 アカネ科 Rubiaceae のクチナシ Gardenia jasminoides Ellis の成熟果実。

【性 味】 苦、寒

【帰 経】 心・肺・肝・胃・三焦

【効能と応用】 ① 清熱瀉火・除煩 胸が暑苦しく不快で眠れないときや、体に熱がこもってうわごとを言うとき、目の充血や口が苦くて乾くときなどに。  ② 清熱利湿 黄疸の症状があるときや、尿の濁り・排尿痛・排尿困難に。  ③ 清熱涼血・止血 吐血・鼻血・血便・血尿・皮下出血などに。  ④ 清熱解毒 皮膚化膿症に。  ⑤ その他 打撲や捻挫による腫れ・痛み、火傷・熱傷などに生山梔子の粉末を外用する。

 

ちょっと難しかったでしょうか。

体の余分な熱を冷ましながら目の充血を取ってくれたりもしますから、

暑がりでイライラしやすい人の赤目には、もってこいですね

もともと体が冷え症で下痢しやすい人は、体を冷す力のあるクチナシ(山梔子)のお餅は食べ過ぎないように注意しましょう。

我が家でも、ひな祭りにはこのクチナシ(山梔子)で色付けしたお餅を食べる習慣なんですが、

わたしの目には、どうしても赤ではなくて・・・

“黄色”に見えてしまいます

 

緑の餅(草餅)

雪の下にのぞく、春の力強い息吹を感じさせる若草。

始めは『母子草をつく』としてハハコグサ(母子草)で草餅を作っていたのが、いつしかヨモギ(蓬)を用いるようになったということですが、

艾葉 ガイヨウ

【基 原】 キク科 Compositae のヨモギ属植物 Artemisia argyi Lev'l. et Van't.、ヨモギ A. princeps Pamp. などの若い全草または葉。

【性 味】 苦・辛、温

【基 経】 肝・脾・腎

【効能と応用】 ① 散寒除湿・止血 下腹部の冷えや痛み、月経不順、月経痛、不妊などに。  ② 温経止血 不正性器出血、月経過多、切迫流産の性器出血などに。  ③ その他 湿疹や皮膚の痒みに外用で患部を洗い流したり、ヨモギの裏葉の絨毛をお灸に用いる。

ヨモギの草餅は、骨盤内を温め月経を整えてくれるので、

冷え性で月経に悩みがちな女性には、最高のサプリメント・フードです。

ヨモギ(艾葉)は、漢方の世界ではその効能から 『婦人の要薬(大事な薬)』 といわれます。

いま妊娠中で出血がみられてちょっぴり心配していた女性や、これから妊娠準備を計画している冷え性の女性は、

今年のひな祭りには、ヨモギの草餅を食べてみてはいかがでしょう

(ひな祭りが新暦の3月3日に終わってしまった人も、ぜひこれから!)

我が家では毎年、摘んできたヨモギ(蓬)をたっぷり入れた草餅を用意します。

もちろんクチナシのお餅同様、花倉のM氏ご家族に搗いていただきます。 M氏の餅つき & 夫人の手返しの技は達人級です。

もちろん、味はいつでも最高です

 

クチナシは体を冷まし、ヨモギは温める。

このふたつを一緒に食べると、

クチナシで体を冷しすぎることをが防げると同時に、ヨモギは温める性質が緩和されて止血に強く働くようになります。

なんとも、組み合わせの妙ですね。

 

ちなみに、白い餅にはもともとは菱(ひし)の実を入れていたそうです。

【菱 ヒシ】 水草。ヒシ科の一年草。日本全国の沼地に生えており、種子は茹でて食べれる。

菱(ひし)の繁殖力の高さに子孫繁栄を願い、また菱の実を食べて千年長生きした仙人の逸話から長寿を願って餅の形をひし形にしたという説もあります。

ひし餅は、雛人形の飾りのお役目だけじゃなかったんですね。

 

話は、桃に戻ります。

わたしは、去年の桃の節句には桃の花びらをお酒に浮かべて楽しんだので

今年は、新たに桃の葉を入れたお風呂に入ってみようと思います。

体の中から外から邪気祓い!に挑戦です。

食いしん坊なアトピっ子の必需品 ~ 餅を食べたら晶三仙、酒を飲んだら五行草茶のお助けハーブティも活躍します 。 

 

山梔子サンシシ も 艾葉ガイヨウ も体に良いからといって、極端に食べ過ぎることは控えましょう。 薬効を期待する場合は、漢方の専門家にご相談下さい。

 

|

2010年3月 1日 (月)

荒行苦行、それとも…?

いいえ、それほどでもありません

 

わたしのファスティング挑戦も、ついに最終日を迎えました。

ファスティングを奨励する文書では、その利点としてさまざまな項目が掲げられています。

「病気を早く治す」に始まり、「ガン治療に併用、臓器を休ませる、血液・肝臓・大腸をきれいにする、毒物を排泄する」、果ては「感覚を鋭敏にする、免疫力を高める」など。

本当に?

食べないだけで、そんなことが体に起こるの?

ファスティングに懐疑的なまま、興味に駆られて断食を決行することとなりましたが・・・、

【ファスティング Fasting 】

医療手段を目的とする断食(断食療法)。

【断食 ダンジキ】

一定期間食事を意図的に絶つ禁欲行為。 最低限の生命維持のために水を飲む場合もある。

 

断食の歴史は、紀元前にさかのぼります。

宗教的には、

現代においてはイスラム教のラマダーンにおける断食が有名ですが、仏教にも修行の一環として存在し、ユダヤ教やキリスト教ですらその習慣があったことが歴史的書物(旧約聖書など)に記されていました。

そもそも英語の朝食 ≪Breakfast≫ は、≪Break(破る)≫ + ≪Fast(断食)≫ というキリスト教の断食の戒律から発生した言葉だったんです。

日常的には、

手術や健康診断の際に、前処置として前日や当日に絶食を求められることがありますね。

医療手段としての断食

アメリカでは、癌の治療にファスティング(断食療法)が利用されることがあるそうです。

人間の体は、絶食状態に陥ると体に溜まった毒素を排泄する作用(デトックス)が自然に働きだすともいわれています。

これを実証する例として、

油症患者(カネミ油症事件)に絶食療法を行った際、体重が減るとともに排泄されるダイオキシン類が増加し症状が軽減した』 (『油症研究30年の歩み』小栗一太、赤峰昭文、古江増隆/九州大学出版)

と、驚きをもって報告されました。 ララ的には、その排泄ルートに興味津々です。

汗から? 尿から? それとも便?

宿便って

断食(絶食)をすると宿便が出るともいわれます。

では、宿便とは一体何なのでしょう。

調べてみると、どの文献ももっともそうでいてその実、核心をついていないものばかりでした。 実際、便は尿ほど研究が進んでいないようなのです。

とことん便の研究をしたら、ノーベル賞級の発見があるかもしれませんね。(わたしがもう一人いて、研究費用がおりるならやってみたいところです 。)

結局、宿便の正体は判然としないのですが、宿便という存在は実在するようです。

真っ黒いそうなのですが・・・

皆さんは、見たことありますか?

断食(絶食)のリスク

エネルギー供給を絶つことで、

・ 体がエネルギー不足と判断し、脂肪・筋肉・骨・毛髪などの組織の破壊が始まる。 ただし、断食期間が短期の場合は、それにより解毒効果(デトックス効果)が得られることがあるとのこと。

・ エネルギー不足になると、体は逆にエネルギーを溜め込もうとする。 断食後の復食に十分な配慮をしないと、結果としてリバウンドに悩まされることになる。

また、近代栄養学では三食きちんと食べた方がよいとの立場から、断食を否定的にとらえる意見もあります。

 

断食の感想

わかったようで、いまひとつ釈然としないファスティング(Fasting=断食療法)ですが、

すでに三日目をむかえ、体調は良好。

固形物を食べていないさみしさはありますが、今のところ空腹感に悩まされることはありません。 もっとも酵素飲料を飲みながらカロリー摂取をしていますので、厳密な意味では完全な断食ではなく・・・

デトックス効果が十分に発揮されたかどうかも疑問ではありますが、

アトピー肌に、悪化は見られませんでした

(これが一番の心配事でした。)

むしろ、患部は赤みや滲出が減って改善しているように思えます。

断食によって、漢方薬の効きが良くなったようにも見受けられます。

おなら(放屁)も激減! わたしの場合は、排便時以外は一日を通して一回もありませんでした。 排便といえば、気のせいか便は出しやすかったです。(普段は便秘症。)

でも、宿便ちゃんには会えませんでした。 残念です。

食事をしていませんから消化器を休めたことにはなるでしょうが、三日間で果たして血液・肝臓・大腸がきれいになったかどうかは甚だ疑問です。

興味があったのは「五感が冴える」という点でしたが、残念ながらその感覚を味わうことはできませんでした。 絶食期間が短かったからか、そもそも最初から冴えていたということか、それともとことん鈍感だったのか

それを確かめようにも、これから7日間コースに移行するとなると・・・、

食いしん坊の血が、嘆きます

 

全体的な感想としては、疲れはまったくないし、むしろ体はすっきりしているので、チャレンジしてよかったなーという気持ちです。

アトピーにもよかったようです。

明日からは、さらに三日間をかけて復食に勤しみます。

この復食が大事だそうです。

【復食】 通常食にもどすこと。

 

初めてのファスティングは、医療知識のある専門家の指導のもとでチャレンジしましょう。  当薬局では大高酵素を用いての正しいファスティング指導を行っております。

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »