« 産後の関節痛 | トップページ | 酵素風呂って、いいの? »

2010年1月30日 (土)

ただいま顔面アトピー、悪化中?

いえ、回復中です

 

昨年の11月に顔面アトピーが再発して以来、

食事療法と市販の漢方薬でなんとか乗り切ろうとしていたのですが・・・

ついに悪化。

一月に入ってから、痒くて眠れない日が続きました。

掻いちゃだめ、それはわかってる。

なのに、まどろんだ途端に無意識に 「がりっ」 と掻いてるんですね。

一瞬、爽快な気分になるんですが、

次の瞬間には猛烈な後悔の念に苛まれます。 ひりひり痛くなるし、掻いた皮膚はぼろぼろになるし、結局痒さは倍増するし。

 

再発の原因はわかっています。

新しい化粧品を使ったことと、それまで続けていた煎じ薬を止めたこと。 普段はないストレスを感じたことも一因でしょう。 患部が顔面なだけにステロイド剤(副腎皮質ホルモン)も使いたくありませんでした。

悪化の原因もわかっています。

年末から年始にかけて忙しくて、本来煎じ薬を飲めばよかったところを市販の漢方薬で済ませていたし、お酒を飲んでカマボコを食べたし、エビも食べて、夜更かしもしました。

 

原因がわかっていると、皮膚症状が悪化しても不思議と心は落ち着いていられます。

不摂生を改心して養生すれば、きっと回復すると信じられるからですね。

そんな訳で、3週間程前から煎じ薬を再開しました。

食事にも気をつけました。

経過は・・・

たぶん、良好です。 患部に発赤や若干の痒みは残っていますが、ここ数日は、日中は人目をごまかせるくらいに回復してきました

いい調子です。

このまま煎じ薬を続けていたら、来月半ばくらいには完治するかもしれません。

 

今回は煎じ薬と養生の勝利です。

市販の漢方薬と煎じ薬とでは、その効果はインスタント・コーヒーと自家焙煎した珈琲くらいの違いがあります。

もちろん味や香りの違いもありますが、揮発成分の含有量に大きな差があるように思います。 エキス剤(エキス顆粒、エキス錠など)は製造過程において、この揮発成分を多量に失っている可能性があるんですね。

自分でコトコトと火にかけて、

キッチンで スロー・フード ならぬ スロー・漢方 部屋に立ちこめる香りも、薬になります。

時間に余裕がなくてはできませんが、頼りになります

 

(でもね、今晩は不摂生をします。)

(お酒を飲んで・・・、悪化しませんように ! 今日は開気丸を飲んで出掛けようかな。)

(バックの中には 晶三仙 と 五行草茶 。)

アトピー性皮膚炎で避けた方がよい食材については、赤堀薬局店頭にてご説明いたします。 遠慮なくお尋ねください。

 

|

« 産後の関節痛 | トップページ | 酵素風呂って、いいの? »

アトピー肌の美容対策」カテゴリの記事