« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

餅とミカンとハーブティ!?

お餅が大好き!

 

日本の正月といえば、お雑煮ですね。

家庭の数だけレシピがあるといわれるほど地方色豊かな雑煮ですが、どの家庭でも必ず入っているのが主役のお餅です。

我が家では、毎年、大晦日前に必ず杵(きね)と臼(うす)で搗いてもらいます。

祖父の時代には家で搗いたものですが・・・

近年は、藤枝は花倉の餅つき名人、M氏ご家族にお願いしています。M氏の搗いたお餅の美味しさは、一度食べたらもう忘れられません

 

口当たりが良く、ついつい食べ過ぎてしまうこのお餅。

中医学では、胃腸を温めて元気をつける栄養豊富なお餅ですが、反面、もたれやすく食べ過ぎれば体に水を持つとされています。

むくみ易い人や胃腸が敏感なアトピー体質の人を始め、子供や老人に与えるときは食べ過ぎないように注意しましょう。

 

こたつでミカン派?

お餅を食べたあとにミカンを食べることは、漢方的にも理に叶っています。

ミカンといっても、この場合、効果は中身よりも外側のオレンジ色の皮にありまして・・・。

陳皮(ちんぴ)

【処方用名】 陳皮、広陳皮、陳広皮、新会皮、橘皮

【基 原】 ミカン科オオベニミカン Rutaceae Citrus tangerina Hort. ex Tanaka、コベニミカン C. erythrosa Tanaka その他同属植物の成熟果皮

【性 味】 辛・苦、温

【帰 経】 脾・肺

【効能と応用】 ① 理気健脾 ~ お腹が張って気持ち悪い、又はお腹の動きが鈍って嘔吐・下痢がある、お腹が水っぽくて痞(つか)える、もともとお腹が弱くて食欲不振・小食・腹満などに。  ② 燥湿化痰 ~ 肺に痰が溜まって胸苦しく咳が止まらない、痰が多くでるなどに。

 

お餅を食べ過ぎて胃がもたれたら

足や顔がちょっぴり浮腫んだら

ミカンを食べてみるのもよいでしょう。ポイントは、人の分もむいてあげること。

むいてる自分に薬になって、むいてもらった人はうれしくなって、みんなで楽しいお正月です

 

39_2  

   胃もたれが顕著なときは、

   更にパワーアップした 晶三仙 のハーブティで一服。

【晶三仙(しょうさんせん)】 は穀類の消化を助ける神麹(しんきく)、麺類の消化を助ける麦芽(ばくが)、肉類の消化を助ける山楂子(さんざし)などの生薬がブレンドされたハーブティです。

乳児湿疹は赤ちゃんのお腹負けですから、お乳や離乳食の消化を助ける晶三仙(一日1包)を3日ほど与えるとすっかりきれいに治りますよ。

ちょっぴり大人な気分で大根おろしもよいですね。

薬膳の世界では、大根は消化を促進するとされ、辛味成分が胃液の分泌をよくして気分をすーっとさせてくれます。 大根の種は萊菔子(らいふくし)という生薬で、神麹・麦芽・山楂子に並ぶ消化薬です。 

どうも浮腫みっぽさが取れないときには、体の中から除湿する 蕾香正気散平胃散、胃腸を元気づける 六君子湯 を飲んでみるのもよいでしょう。

ちなみにわたしはといえば・・・

もっぱら連日、晶三仙ハーブティのお世話になっています

 

|

2009年12月18日 (金)

仏さまと握手!?

仏手(ぶしゅ)  来たる♪

 

16日早朝、月に一回の定期便の I さんが世にも珍しげな物を手に携えて入ってきました。

黄色く色付いた子供の頭ほどの物体、そこから香るほのかな酸味。

挨拶もそこそこに、わたしは声をあげました。

Photo

  

  「仏手!?

  I さんの手には、まさに男の人の手の大きさを優に超える立派な仏手(ぶしゅ)がのっていました。香り高い大きな獅子柚子(ししゆず)と一緒に。

 

仏手(仏手柑ぶしゅかん)はその縁起の良さから 「三果文(さんかもん)」 とも呼ばれ、桃や柘榴(ざくろ)と並び陶磁器などの美術工芸品の絵柄に好んで用いられてきました。

不老長寿の珍果として、

また瑞兆の果実として、

正月の床飾りや生花、お茶花の鑑賞用としても珍重され、果ては婚礼やその他の慶事の際にも登場する摩訶不思議な“おミカン”です。

鼻先に近づければ、その優雅な香りに一瞬夢見心地となるでしょう。

 

インド東北部原産の ミカン科ミカン属シトロン変種 のこの果実は、独特の姿から 『仏陀の掌』 を連想させるとしてその名を与えられたということです。

英名は Buddha’s hand 。

この植物、生薬としても立派な経歴を持ちます。

仏手(ぶしゅ)

【処方用名】 仏手、仏手柑、仏手片、鮮仏手、陳仏手

【基 原】 ミカン科 Rutaceae のブシュカン Citrus medica L. var. sorcodactylus Swingle の成熟果皮。

【性 味】 辛・苦・酸、温

【帰 経】 肝・脾・胃・肺

【効 能】 ① 舒肝和胃・行気止痛 ~ お腹の張った痛み・膨満感・つかえ・嘔吐・食欲不振などに、香附子・木香・青皮などと用いられます。    ② 止咳化痰 ~ 痰の多い咳に用いられます。

現在、厚生労働省が認める210処方中には仏手を含む方剤はありませんが、その効能は陳皮に並びます。

 

明日は愛猫とびまるの初七日です。

そんな日に、この瑞兆の品を頂戴するとは思ってもみませんでした。

Photo_2

とび、よかったね。

 

わたしは取りあえず、こちらの仏さまの手と握手。

とびと皆さんにご利益がありますように

 

I さん、ありがとう   。

お正月が明けたら、こちらの仏手はハーブティに、あちらの仏手にはマーマレードに変身していただきましょう。

合掌

|

2009年12月12日 (土)

とびのジンキ(腎気)

大好きなねこ。

 

ぼくは赤堀とびまる。

赤堀家の長女に連れられて、13年と7ヶ月前にこの家にやってきた。

生後一週間で生母と引き離されるという無茶をされたけど、まあまあ元気にここまでやってきた。

この家の人たちは、ずいぶんとぼくを気に入っていたようだよ。

でも、なにかというと生薬の匂いを嗅がされたり、漢方薬を飲まされるのには正直参ったなぁ。

 

ちなみに、ぼくはハンサムです。

20070307      

    

         ほら、ね。

      きれいでしょ。

家族のみんなにも、主人の客人にも、いつもそう言ってほめられるんだ。

ぼくはこの家を気に入っていたし、家族のことも大好きだったから、ここには長居するつもりでいたけど、

例のあそこから連絡が入ったから、そういう訳にもいかなくなっちゃった。

ぼくらにはぼくらの掟があるんだ。

 

お世話になった記念に、ぼくは長女にプレゼントをすることにした。

長女は漢方オタクだからね。

たぶん、最高のプレゼントだよ。

 

陽気暴脱を見せてあげたんだ。

 

おっと、ようきなんとかと言っても、諸君にはなんのことかわからないね。

長女流に中医学用語で言ってみたのさ。

こんな瞬間は、なかなかお目にできないだろうからね。

長女はずいぶんと焦ってたな。

真陽は腎で燃えているからね、これは腰にくるよ。

嘔吐するにも、まともに立てやしない。

 

さあ、長女に見せられるのはここまで。

 

体力は消耗してたけど、しっぽを膨らませて、特上の唸り声をふたつ上げてみた。

長女はひいてたな。

ぼくの言葉を理解したのか、びびってたのか。

長女は陽気固脱しなきゃとか、回陽救逆とか、附子とか人参とか乾姜とか泣きながらぶつぶつ言って走っていった。

ぼくのもくろみ通りさ。

最後の瞬間は見せられない。

参附湯の味見は自分でやってくれ。

そろそろ時間だ。

 

なかなか楽しい猫人生だったよ。

2009.12.11 15:40 

命は育まれて、そしてバトンタッチされます。 この命、ひとつの命、次の命を大切に

 

|

2009年12月 1日 (火)

美肌は一日にしてならず!?

わたしの場合

数日前の土曜日、わたしはお店をお休みさせていただきました。ご来店下さいました方にはご迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳ありませんでした。

その日、わたしは縁あって【神田明神(東京)】での結婚式に参列させていただきました。

よかったですーー。

お式は厳粛さを感じさせつつもなぜか居心地のよいもので、これが日本人のルーツなのね、などど妙に神妙な気持ちにもなれ 

披露宴は新郎新婦のお人柄がにじみ出て終始楽しく和やかで 

(スピーチに緊張して肝気反胃したために、披露宴のお食事を残してしまったのが一点の曇りです。)

 

で、卒業後ウン十年経って同級生の結婚式に招待されたとなると、やはり大なり小なり見栄を張りたくなるのも女心のかわいさです。

(と、おおらかに観察してもらえるとうれしいです 。)

もちろん、わたしもご他聞にもれず、美肌作りに勤しもうと秘密兵器の使用に着手したのですが・・・

大失敗!!

一年半かけてようやく沈静化した顔面アトピーが再発してしまいました。

『お肌の点滴~敏感肌の救世主』とも謳われている美容液に、わたしのアトピー肌は見事に拒絶反応を示しました。

結婚式の実に一ヶ月前の出来事でした。

当日までに治るかどうか、めちゃめちゃ不安でしたが、ここに至れば出来ることをするのみです。

普段患者さんに指導していることを、久しぶりに自分も徹底的に実践しました。目標があると人はがんばれるものですね。漢方薬 & ストイックなまでの食事療法。

その甲斐あって、当日にはほとんど気付かれない程に回復していたのですが

(一応、当日も食事療法は守りました。熱々の立派な伊勢エビが出ていたときには食べたくて涙が出そうになりましたが・・・)

なんと、お肌を褒められましたーーー

“男性は女性の顔立ちを見て、女性は同性の肌を見る” なんて言われることもありますが、お世辞だったとしてもアトピーで悩みがちな自分にはとてもうれしい褒め言葉でした。

で、化粧品は何をつかってるの?と尋ねられたのですが・・・、

この場でお答えします。

 

●洗顔

 ○○カ美肌石鹸

●基礎化粧

 ○○カ美肌ローション(化粧水) / 朝・晩

 トワニー ピュアナチュラル エマルジョン / 朝

 セ・サージ(沙棘) / 晩

●日焼け止め

 トワニー デイエマルジョン

とくに ○○カ美肌石鹸 と ○○カ美肌ローション & セ・サージ は優れもので、アトピー肌が痒くて眠れず本気で悩んだ頃に出会って以来、片時も手放せなくなっています。

(痒くても痛くても、顔になにか塗りたくなるのも女心ですね。)

 

さらに当日はもうひとつの秘密兵器を使いました。

超微粒子のおしろい、トワニー ミラノコレクション2010。

このおしろいは肌映りがワンランクもツーランクも上がる優れものです。

実際に肌にのせる時はアトピーが悪化しないかと不安でしたが、当日はなんとか持ち堪えました。(肌により密着するファンデーションは怖くて塗れませんでした。)

 

そして 美肌に忘れてならないのは、毎日の漢方生活です

365日が2年3年続いた中間報告が、三日前に褒められるという結果に結びついたんですね。

美肌は一日にしてならず、

けれど、必ず作れます。

 

あなたも、漢方で内臓から美肌美人になりませんか

 

○○カ美肌石鹸、○○カ美肌ローション、セ・サージ(沙棘)、トワニー ピュアナチュラル エマルジョン、トワニー デイエマルジョン、トワニー ミラノコレクション2010、美肌漢方 につきましては赤堀薬局にてご説明致します。

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »