トップページ | 2009年3月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

妊娠体質になりましょう

妊娠準備、してみませんか

  

悩まないで

               ~ 赤ちゃんが授かりにくいあなたへ ~

不妊症は病気ですか。 いいえ、多くの場合は「赤ちゃんが出来ない」のではなく、今のところは 「赤ちゃんが授かりにくい体質」 ということです。

体質は改善します。 それには改善しようとする意欲が大切です。

不妊症で悩む女性は、一見すると全く健康に見えることもあります。

大きな疾患がないことは良いことですが、一方で、そのことが不妊症の女性を更に悩ます原因ともなります。 中には 「健康なはずなのに、赤ちゃんができない私は、何か特別な原因があるのかしら。」 と自分を責めて、辛いストレス・スパイラルに落ち込んでしまう方もいるでしょう。

幸い、不妊治療における現代西洋医学は目覚しい発展を遂げ、大きな治療成績を上げています。 ここに、中医学理論に基づく

「妊娠しやすい体質作り」 を実践していただくことで、さらにその成功率を上げられる

と、私共は考えます。

まず、あなたがどんな体質なのかを知りましょう。 そして体質に合わせて、妊娠しやすい体を作りましょう。
中医学はあなたを応援します。

あなたの“妊娠しにくかった体質”の原因を、一緒に見つけましょう。

 

妊娠準備 

    ~ ママから赤ちゃんへの、一番最初のプレゼントは? ~

赤ちゃんが一番うれしいこと、それはママの優しい笑顔とおいしいお乳です。 それは胎児期、さらには卵胞の時代にまでさかのぼります。

母乳は血液に相当します。

女性の血液は卵胞を育む重要な栄養源です。 その後、受精卵となって子宮粘膜に着床してからは、血液は胎盤を通じて胎児に供給され続けます。 ママからの栄養豊富な血液のプレゼントがないと、卵胞は充分に成熟できず、胎児は成長不良となってしまいます。

もうひとつ、ママは 暖かな部屋(子宮) 柔らかなベッド(子宮粘膜) を用意しましょう。 受精卵がご機嫌を損ねてぽろりとこぼれ落ちてしまわないように、事前にこれらのプレゼントをしたら、さあ、準備は万端です。

 

生理(月経)と妊娠体質

温かな子宮 ② 柔らかな厚みのある子宮内膜 ③ 栄養に富んだ血液が充分に胎児に届くこと
この3つの子宮環境が整っているかどうかは、毎月の生理の状態からも把握できます。

周期は21日未満か、35日以上である。
生理の量は多い、または少ない。
血液の色は黒ずんだり紫がかっていたり、ときに塊がある。
生理痛がある。
不正出血がある。
生理前に胸が張ったり、イライラする。
生理前や生理時にむくみや下痢、眠気が現われる。
基礎体温は乱れがちで、低温期から高温期への移行に日数がかかり、高温期は11日未満あるいは途中で体温が下がることがある。
基礎体温が二相性を示さない。

以上の項目のどれかが該当する場合は、体が妊娠しにくい状態にあるといえます。 早めに整えましょう。

 

妊娠体質になりましょう!

                               ~ 赤堀薬局にできること ~

基本的な体質を改善します。 体のバランスの乱れは生理(月経)の変化をはじめ、体に見られるさまざまな情報から把握できます。 バランスを整えることで、体に宿る本来の力を目覚めさせ、妊娠力を底上げします。

② 生理周期の各期に合わせた漢方薬を服用することで、卵子の成長を卵胞の段階からサポートし、理想的な子宮環境を整えます。 中医学理論に基づくこの方法は周期療法(周期調節法)とも呼ばれ、その効果から大きな反響を呼んでいます。

受精卵の子宮粘膜への着床を助け、胎児の成長を守ります


以上のケアをすることで、体を妊娠体質へと導きます。

 

また、ストレス社会といわれる現代では、不妊の原因が男性側にある場合も少なくありません。

男性不妊症

精子が卵子に出会うまでには、多くの試練が待ち構えています。 膣内での精子の運動量を成人男性に置き換えると、東京-名古屋間を1日で走り抜けるほどの走行距離となります。 精子には膨大なエネルギーが必要です。

仕事や人間関係で毎日お疲れの男性や体調不良を感じている男性、または喫煙や飲酒、肉食がすぎる男性は、元気な精子を作るためにも体を整える必要があります。

まずは精液検査を受けて、一歩を踏み出しましょう。

 

藤枝の漢方・赤堀薬局では、“妊娠しやすい体質作り” に力を入れています。

初めてのカウンセリングから日々の食材のアドバイスまで、妊娠準備に向けての指導に定評があります。 不妊治療(西洋医学)との併用による妊娠率の高さにも自信があります。

まずは、ご自身の体質を知るためにご来店下さい。

ご相談は、国際中医専門員、鍼灸師、按摩・マッサージ・指圧師の資格をもつ40歳代の女性薬剤師が担当致します 

ご相談は、月 火 ・ 木 金 土 ・ に承ります。

ご予約はお電話にて、お伺い致します。

 

|

基礎体温をつけましょう

 女性ホルモンは 【視床下部(間脳)-脳下垂体-卵巣】 からなる一連のホルモン分泌系により調節されています。基礎体温を測ることで、このホルモン分泌系が正しく機能しているかどうかを知ることが可能です。

 毎日同じ基礎体温を示す男性とちがって、女性は月経周期により特徴的な曲線を描きます。この曲線からはさまざまなことが読み取れ、治療の際に重要な手がかりとなることもあります。

 

基礎体温の測り方

 基礎体温とは、生命を維持するための必要最低限のエネルギーを作っている状態に測定された体温をいいます。熟眠中の体温ともいえます。ですから、毎日異なる時間帯に、しかもベッドから起き上がった後に測ったのでは、それは基礎体温とはいえません。

起床前の安静状態のまま、② 毎朝時間を決めて、③ 舌の下で測ります
いつもの時刻に測ることのできなかった場合は、その日は測定せずに空欄のままにしておきましょう。

 女性の体はとてもデリケートです。

 ちょっとした変化で基礎体温も変動します。夜更かしをしたり、風邪をひいたり、温泉に入るなど普段と違うことがあった日は基礎体温表にメモを記しましょう。また、基礎体温をつけることにストレスを感じる時は、無理につける必要はありません。

 気を張らずに続けてみましょう。

| | トラックバック (0)

生理(月経)のひみつ

~ 女性の生理に隠された秘密 を知りましょう ~

女性の体の変調は、生理(月経)に反映します。
生理を理解して、女性ならではの体調管理に役立てましょう。

 

生理周期

 女性の体には月の満ち欠けのリズムが備わっています。
 女性のホルモン分泌はこのリズムの中で変化します。これらのホルモン系の導きのもとで子宮・卵巣がスムーズに働くとき、基礎体温は特徴的な曲線を描くに到ります。

 健康な女性の月のリズムは静かに進行し、生理(月経)妊娠閉経という形でその存在をアピールします。

 

基礎体温をつけましょう

 女性ホルモンは 【視床下部(間脳)-脳下垂体-卵巣】 からなる一連のホルモン分泌系により調節されています。基礎体温を測ることで、このホルモン分泌系が正しく機能しているかどうかを知ることが可能です。
 毎日同じ基礎体温を示す男性とちがって、女性は月経周期により特徴的な曲線を描きます。この曲線からはさまざまなことが読み取れ、治療の際に重要な手がかりとなることもあります。

 

基礎体温の測り方

 基礎体温とは、生命を維持するための必要最低限のエネルギーを作っている状態で測定された体温をいいます。熟眠中の体温ともいえます。ですから、毎日異なる時間帯に、しかもベッドから起き上がった後に測ったのでは、それは基礎体温とはいえません。

起床前の安静状態のまま、② 毎朝時間を決めて、③ 舌の下で測ります
いつもの時刻に測ることのできなかった場合は、その日は測定せずに空欄のままにしておきましょう。

 女性の体はとてもデリケートです。

 ちょっとした変化で基礎体温も変動します。夜更かしをしたり、風邪をひいたり、温泉に入るなど普段と違うことがあった日は基礎体温表にメモを記しましょう。また、基礎体温をつけることにストレスを感じる時は、無理につける必要はありません。

 気を張らずに続けてみましょう。

| | トラックバック (0)

トップページ | 2009年3月 »